昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

木村拓哉は「SMAPが“空中分解”になりかねない状態」と…国民的グループ25年の暗闘史《メリー氏は“敵と家族と使用人しかいない”》

#1

2021/11/13

source : 文藝春秋 2016年3月号

genre : エンタメ, 芸能, 音楽

 年間1000億円を稼ぎ出すとも言われるジャニーズ事務所のメリー喜多川氏が今年8月14日、肺炎を患い都内の病院で亡くなった。まさしく5年前、2016年8月14日に解散を発表したSMAPの “解散分裂騒動”を取材した、ジャーナリストの中村竜太郎氏による寄稿(「文藝春秋」2016年3月号)を公開する。(全2回の1回目/後編に続く)

2016年末に解散したSMAP ©文藝春秋

(※年齢、肩書などは掲載当時のまま)

◆ ◆ ◆

木村は「SMAPが“空中分解”になりかねない状態」

 2016年1月18日放送の「SMAP×SMAP」(フジテレビ系)は、解散分裂騒動の渦中にあったSMAPメンバーが“緊急生出演”するという異様な緊張感と期待感に包まれていた。91年に歌手デビューして今年で25周年を迎えるSMAP。同番組は「世界に一つだけの花」を朗々と歌う5人の映像を流しながらファンからの応援メッセージを伝えたが、曲が終わり切り替わった画面に登場したのは、鉄紺色のビロードの幕の前に立った神妙な面持ちの黒いスーツ姿のメンバーだった。重苦しい雰囲気の中、口火を切ったのは中央に陣取っていた木村拓哉(43)。

木村拓哉 ©文藝春秋

「先週から我々SMAPのことでたくさんの方々にたくさんのご心配とご迷惑をおかけしました。このままの状態だとSMAPが“空中分解”になりかねない状態だと思いましたので、今日は自分たち5人がしっかり顔を揃えて、皆さんに報告するのが何よりも大切だと思いました」

 続いて稲垣吾郎(42)、香取慎吾(39)とメンバーの謝罪発言が巡る間、前に組んだ手で右手の親指と人差し指の間をギュッと押さえていたのがグループのリーダー、中居正広(43)。その仕草こそが内心の苛立たしさを表出していた。

中居の険しい目と草彅の精気のない謝辞

「今回の件で、SMAPが、どれだけ皆さんに支えて頂いているのかということを、改めて、強く感じました。本当に申し訳ありませんでした」

 そう言って深く頭を下げ元に直ると、「はーっ」と深い溜息のような大きな息を吐き、

「これからもよろしくお願いします」

 と一礼。虚ろな表情で並ぶメンバーの中で唯一強い意志を感じさせたのは、睨みつけるような中居の険しい目だった。

 最後に残った草彅剛(41)は、

「皆さんの言葉で気づいたこともたくさんありました。本当に感謝しています。今回、ジャニーさんに謝る機会を木村君が作ってくれて、今、僕らはここに立てています。5人でここに集まれたことを安心しています」

 カメラを真っ直ぐ見据え、ジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長(84)と木村拓哉に対して謝辞を加えたが、精気は無かった。