昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

genre : エンタメ, 芸能

お揃いのスヌーピーの被り物でUSJを堂々手繋ぎデート

 続いて、最初に向かったのは人気アトラクション「鬼滅の刃XRライド」。USJが『鬼滅の刃』とコラボした期間限定のVRジェットコースターを楽しんだ2人は、テンションがあがったのか、周囲を気にすることもなく、堂々と腕を絡め、デートを満喫していた。

お揃いのスヌーピーの帽子をかぶる渡辺と巫

「スタッフの多くは巫との関係に気付いていますが、直接本人の口から聞いたことはない。今回の不倫はこれまでのような炎上を狙ったネタではないだけに、残念で仕方がない」(WACK関係者)

周囲を気にすることなく腕を組む渡辺と巫

 プロデューサーとアイドルの道ならぬ恋――「文春オンライン」ではこれまでにも多くのアイドルと運営側による“禁断の恋”を報じてきた。

軽食をとり、ショーを楽しむ渡辺と巫

 渦中の渡辺は、一体何を語るのか。10月27日、別邸から出勤する渡辺を直撃した。

―ー渡辺さん、文春オンラインです。少しお時間よろしいですか?

「わかりました、はい」

直撃取材に応える渡辺 ©文藝春秋 撮影・上田康太郎

ーー巫まろさんと交際されていませんか?

「ああなるほど、ちょっと……後でコメントしてもいいですか?」

 立ち止まり、全てを悟った表情の渡辺は、ガクッと肩を落とした。

©文藝春秋 撮影・細尾直人

ーー渡辺さんはご結婚されていますよね?

「はい……」

ーーそうなると不倫じゃないのかな? と。

「そうですね」

ーー今出てこられた家は、自宅じゃないですよね?

「はい」

ーーご自身がプロデユースに関わったタレントさんですし、そういった関係があるとメンバー間で不信感が生まれてしまうと思うのですが。

「そうですね」

ーー先日、京都・嵐山と大阪のUSJに行くところをお見かけしました。

「正式なコメントは改めてにさせてください」

©文藝春秋 撮影・上田康太郎

 同日、渡辺が社長をつとめる株式会社WACKに質問状を送ると、10月28日、不倫の事実を認め、以下の回答をした。

「(巫がマンションを出入りしていることや京都旅行は)間違いありません。巫さんとは交際しております。(渡辺が)既婚者であることも間違いありません。家族とは以前から別居状態であり、離婚協議中でした。家族にはもちろん関係各所様にもご迷惑をおかけして申し訳ありません」

 また、巫の所属事務所である「TOKYO PINK」からは以下の回答があった。

「この度はZOCメンバー、巫まろの私事にて、お騒がせしてしまい大変申し訳ございません。本人に事実関係を確認した所、渡辺さんと懇意にしているとの事でした。渡辺さんが離婚協議中とは伺いましたが、お相手のご家族に対して、社会通念上許されない事だと本人も深く反省をしております。今後に関しましては詳細を確認し、各所相談して参りたいと思っております」

 10月28日(木)22時からの「文春オンラインTV」では本件について担当記者が詳しく解説する。

その他の写真はこちらよりご覧ください。

この記事の写真(79枚)

+全表示

文藝春秋が提供する有料記事は「Yahoo!ニュース」「週刊文春デジタル」「LINE NEWS」でお読みいただけます。

※アカウントの登録や購入についてのご質問は、各サイトのお問い合わせ窓口にご連絡ください。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー