昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

小久保ヘッドが落選した理由は…

 本来は侍ジャパン監督を経て今季から古巣に戻った小久保ヘッドが次期監督候補と目されていたが……。

「現役時代から自分に厳しかったが、春季キャンプで1日1000スイングを掲げるなど周囲に同じストイックさを要求する。礼儀作法にもうるさく、若手に『挨拶からちゃんとせえ!』と怒号を飛ばしたのも一度や二度ではありません」(同前)

 攻撃面全般を一任されたが、固執して使い続けた松田宣浩ら主力のベテラン勢が軒並み不振に。若手野手も育てきれなかった。

小久保ヘッド ©文藝春秋

「卓越した打撃理論があるのに、技術が完成されたベテランと未熟な若手を同じように教えるなど、指導法の引き出しが少ない。若手は『怖さだけが前面に出て、まともに話を聞きづらい』と萎縮していた」(同前)

 結局、二軍監督に配置転換が決まった小久保。今後“栄転”の目はあるのか。

「藤本さんが結果を出せば長期政権もあり得るし、その間、趣味の釣りを優先している城島さんが意欲を見せる可能性もある」(同前)

 能ある鷹の育成が、小久保の浮沈のカギとなる。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー