昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載シネマチャート

ピノッキオの木彫りの質感がすごい…児童文学をダークファンタジーとして実写化 「ほんとうのピノッキオ」を採点!

シネマチャート

〈あらすじ〉

孤独で貧しい木工職人のジェペット爺さん(ロベルト・ベニーニ)が、丸太から男の子の人形を作り出すと、まるで人間のように動き出す。ジェペットはピノッキオ(フェデリコ・エラピ)と名付けて溺愛するが、ヤンチャなピノッキオは勝手にジェペットの元を飛び出してしまう。おしゃべりコオロギの忠告を無視したために何度も危険な目に遭うが、心優しい妖精(マリーヌ・ヴァクト)に助けられ、心を入れ替えることを誓う。「人間の子供になりたい」という願いを胸にジェペットの元へ帰ろうとするピノッキオを、さらに過酷な試練が待ち受けていた。

〈解説〉

『ドッグマン』のマッテオ・ガローネ監督が、児童文学「ピノッキオの冒険」をダークファンタジーとして実写化。第93回アカデミー賞で衣装デザイン賞とメイクアップ&ヘアスタイリング賞にノミネート。124分。

  • 中野翠(コラムニスト)

    ★★★★★アナーキーなピノキオ。貧乏人から金持まで多様な衣裳と暮らしぶりに目を奪われる。ジェペット爺さんは、あの俳優!

  • 芝山幹郎(翻訳家)

    ★★★★☆人形がイタリア各地を転々とする話だけに、空間に対する嗅覚の鋭い監督には恰好の素材。ロングショットが生きている。

  • 斎藤綾子(作家)

    ★★★★☆ピノッキオだけじゃない、カタツムリや諸々の特殊メイクに仰天。不思議な世界に一気に引き込まれ続きを夢に見そう。

  • 森直人(映画評論家)

    ★★★★☆貧しい風景の中に登場するピノッキオの木彫りの質感が素晴らしい。ネオリアリズモの延長にある寓話として見事な出来。

  • 洞口依子(女優)

    ★★★★★予測不能な絵本をめくる様な胸躍る怪作。イタリアの田舎を走るピノッキオ!古典に魔法をかけ蘇らせたガローネ監督最高!

  • もう最高!ぜひ観て!!★★★★★
  • 一食ぬいても、ぜひ!★★★★☆
  • 料金の価値は、あり。★★★☆☆
  • 暇だったら……。★★☆☆☆
  • 損するゾ、きっと。★☆☆☆☆
copyright 2019 ©ARCHIMEDE SRL - LE PACTE SAS

INFORMATION

『ほんとうのピノッキオ』(伊)
11月5日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー
https://happinet-phantom.com/pinocchio/index.html

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー