昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「世帯年収は300万円台」大借金家庭から東大に進んだ僕が、"親ガチャ"に違和感をもつ理由

source : 提携メディア

genre : ライフ, 教育, 社会

「世帯年収は300万円台」大借金家庭から東大に進んだ僕が、"親ガチャ"に違和感をもつ理由

現役東大生の布施川天馬さんは、家庭の事情から1日8時間のアルバイトを週3日続けながら東京大学に合格した。布施川さんは「“親ガチャ”という言葉がはやっているが、自分の人生は生まれた家庭だけでは決まらない。その言葉に甘えて可能性をつぶすのはもったいない」という——。

写真=iStock.com/mizoula ※写真はイメージです - 写真=iStock.com/mizoula

東大へ入るには中学受験をするのが王道

東京大学といえば、日本でもトップクラスの権威を誇る、言わずと知れた有名大学です。その通称である「東大」はさまざまなマンガ作品、テレビ番組などにも使用されています。

実際、東京大学に入るには大変な努力が必要です。その入試の難易度もさることながら、年間3000人しか入れない狭き門なので、トップ層同士のつぶしあいに勝てなければ入学することはかないません。

それでは一般的な東大生たちは、この熾烈(しれつ)な受験戦争に勝ち抜くために何歳から準備をしているかご存じでしょうか。

答えは10歳です。中学受験が本格化する小学校4年生の時点で、東大生になることができるかどうかの戦争は始まっているのです。もちろん、これは中学受験から考えた場合ですから、小学校から選ぶなら、もっと早い段階から始まることになります。

どうして彼らはたかが大学受験に10年もかけるのでしょうか。それは、有名中学校に入れるかどうかだけで、東大に合格できるかどうかの確率が大きく変わってくるからです。

あまり知られていない事実ですが、実は東京大学入学者3000人のうちの約25%、つまり4人に1人を一部の有名私立高校10校からの合格者が占めています。もちろん、これらの学校に通う学生の優秀さもありますが、東大合格者が多い学校には東大対策の知見が多くたまっています。これらの学校に合格するだけで、大きなアドバンテージとなるわけです。

そしてそうした私立高校のほとんど全てが中高一貫校であり、高校からの入学が非常に難しくなっているのです。だから、中学校受験をして入学することが王道となっているのが現状です。