昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

source : 提携メディア

genre : ライフ, 教育, 社会

乳がんになった母の付き添いをほぼすべて引き受けた

そしてもう1つの事件は、母の乳がんが発覚したことでした。受験も直前となった11月のこと、いますぐ帰れと呼び出されて帰宅すると、父と母が泣いており、嫌な予感が止まらなかったのを、今でも鮮明に覚えています。

母のがんはかなり進行していたようで、すぐに入院、手術となりました。付添人として、本来なら父がいるべきだったのでしょうが、父は文字通り仕事に忙殺されており、全く身動きが取れない状況でした。

なお、僕は、父を冷たいとは思っていません。貯金もなく、誰かが働いて金を稼がなくてはいけない状況だったのですから、家長として当然の判断でしょう。むしろ、僕と分担しつつでも、家事を手伝ってくれたことを本当に尊敬しますし、感謝しています。

とはいえ、誰かが母に付き添わなくてはいけません。なので、僕が受験勉強の合間を縫って、母の入退院の送り迎えや、手術の際の付き添いなどなど、ほとんどすべてを引き受けました。

当時、母は抗がん剤の副作用で全く体が動かず、横断歩道をひとつ渡るのにも5分も10分もかかるほどでした。そんな母の姿を見て、僕も不安でしたが、それ以上に母自身が不安だと思い、それを口にすることはしませんでした。

さて、元々の勉強が足りていなかったこともあり、東京大学には落ちるべくして落ちました。しかし、自分が、着実に前に進んでいることは確かでした。高校3年生の夏の東大模試では80点満点で3点しか取れなかった数学が、本番では40点近くとれるようになっていたのです。

受験勉強しながら週3日、1日8時間アルバイト

東大は、おせっかいなことに、不合格者に対して「あなたは不合格者の中で何位くらいですよ」というランクを発表してくれます。僕はちょうど真ん中くらいのCでした。

これは、「僕の上には不合格者が200人ちょっといるが、同時に僕の下にも200人ちょっとがいる」ということを指しています。もともとはランキング圏外にいたであろう僕が、あとたった200人を抜かすだけで東大に入れるところに来たという事実は、東大に落ちて打ちひしがれていた僕を勇気づけるには十分でした。