昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

京王線刺傷事件 パニック状態で響く悲鳴、電車の窓から脱出も

source : 提携メディア

genre : ニュース, 社会

響く悲鳴、窓から脱出も 乗客男性が撮影―京王線刺傷

京王線の電車内で液体がまかれ、窓から逃げ出す乗客ら=31日夜、東京都調布市(しずくβさん提供)

 「危ない危ない」「押さないで」。31日夜、京王線の電車内で男が刃物を振り回すなどして複数人がけがをした事件。乗客がインターネット交流サイトに投稿した動画には、車両内に響き渡る悲鳴や逃げ惑う人々の様子が収められていた。

 撮影したのは、乗客の会社員木村俊介さん(32)。当時、渋谷に向かうため電車に乗っており、事件のあった車両と隣り合う連結部にいた。「消火器が使われた」との声とともに煙が見え、人が逃れてきたという。

電車内で乗客が刺されるなどした事件で、消防隊員らで騒然とする京王線国領駅前=31日夜、東京都調布市

 その際撮影した動画内では、事件があった車両から大勢の乗客が反対方向に走って避難してきた。「早く早く」「前、前」。パニック状態の中、つまずいて転ぶ人もいた。

 逃げてくる方向の奥に火が立ち上がるのが見え、ボンという音とともに激しく燃えた。「きゃー燃えてる」「降りよう」との叫び声とともに、警報音が鳴り、煙が充満した。

 国領駅のホーム側から撮影した動画には、車両内の乗客が窓を開けてはい出し、ホームドアを乗り越えて脱出する様子も収められていた。

 木村さんは確保された男を見たといい、「眼鏡を掛け、(車両内の)椅子に静かに座っていた」と話した。

この記事の写真(2枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー