昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

source : 提携メディア

genre : ニュース, スポーツ, 教育, 社会

「大丈夫? なんて、大きい声で言わないで! だれかに聞かれたら、全国大会に行けなくなるでしょ!」

楽しくバレーをして成長したいと考えていた被害女児と母親は、大きなショックを受けました。子どもたちの価値観が分断されていたからです。監督の暴力を認めても全国大会を目指したい親子と、そうではない被害女児のような親子。しかし、後者は少数派でした。

暴行の事実が報道されると、すぐさま臨時保護者会が開かれ、リークした保護者の犯人探しが始まりました。「調査が入るから」と「口止め誓約書」まで配布されました。

「裏切りは許せません。この中に絶対犯人がいると思っています」

監督を支えるリーダー的存在の保護者が「一人ひとり、聞かせて」と言い、並んだ20人余りの保護者らは、端から順番に自分はリークしていないと宣言させられました。

「どうして今さらこんな話が出たのか」

そして、保護者のひとりが「犯人が出ないので、OGを呼びました」と言うと、ドアが開き、クラブの卒業生とその親、30人ほどが会場に入ってきました。

彼らは「どうして今さらこんな話が出たのか」などと現役の親たちを責め立てました。犯人探しの保護者会は4時間に及びました。

この保護者会後から、女児は体調を崩し、警察や町の教育委員会からのヒアリングを受けるたびに感情を乱しました。心療内科でPTSD(心的外傷後ストレス障害)と診断され、自分が叩かれた日のことや、チームメイトが暴力を受けたことを思い出しては涙をこぼす日々が続きました。

この事実を、保護者は告発すべきか迷いました。

それまで、バレーボールを含めた多くの少年スポーツでは、指導者の暴力を黙認する傾向がありました。取材した多くの保護者は、高校時代の私のように「しょうがない」とうなだれました。

「スポーツに暴力指導はありがち」
「ほかの我慢している人に迷惑をかける」
「暴力がひどくなるのは高学年、1年くらい我慢すれば……」

z