昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「“信者”とマントラ」 維新4回生議員が議員会館を不適切使用の疑い

 10月31日投開票の衆院選で、比例東海ブロックで当選した日本維新の会の杉本和巳氏(61)が、議員会館を不適切に使用していた疑いがあることが、「週刊文春」の取材でわかった。

 愛知10区から出馬した杉本氏は今回、小選挙区では落選したものの、比例で復活当選を果たした。

「杉本氏は2009年8月の衆院選で、民主党から出馬し、初当選。2012年10月に民主党を離党し、みんなの党に入党しました。ところが、2014年11月にはみんなの党を離党し、今度は日本維新の会に移った。前回2017年10月の衆院選では、小選挙区では大差で敗れたものの、比例東海ブロックの名簿順位1位だったため、復活当選を果たしました。維新の代議士会会長を務めており、今回の当選で、衆院4期目になります」(政治部デスク)

3つの政党で当選を果たした杉本和巳衆院議員 ©共同通信社

 その杉本氏が、地元事務所などで開いているのが、「オームチャンティング」というヨガの儀式だ。

 地元・一宮市の元支援者が明かす。

「『オームチャンティング』は、モーリシャス出身の教祖が始めたもので、“信者”たちが輪になって『オ~ム~』というマントラ(聖なる言葉)を唱えて、力強い癒しを得るというものです。事務所スタッフに電話を掛けては『これから来られる?』と呼び出すこともある。特に夫人が傾倒しており、杉本氏もその影響を受けたのです」

 杉本氏は、議員会館でも定期的にオームチャンティングを開催している。

「政治とは関係のない数名の“信者”が会館の部屋に集まり、『オ~ム~、オ~ム~』とひたすら唱え続けるのです」(同前)

 そして、参加者たちはこう語っていたという。

「これで国会を浄化できる」

 だが、税金で運営されている議員会館で、私的なヨガの儀式を行うのは適切なのか。

 衆院事務局の担当者は以下のように回答する。

「議員会館の会議室等の使用は会派に直接関係のある会合で、議員が主催する会合及び行事等に限る」