昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

“15歳上”東山紀之と破局、“13歳上”吉田栄作と結婚報道…女優・内山理名39歳の“岐路”

 10月22日、「人志松本の酒のツマミになる話」(フジ)に内山理名(39)が出演。吉田栄作(52)との結婚話に初めて触れた。「お幸せですか」と聞かれるとなぜか「ほい」と肯定。「(結婚については)自分からは何も言っていない」と慎重な言い回しだったが……。

「収録は、9月半ばに『週刊女性』が吉田の父親に取材し“結婚へ”と打った後。吉田の名を伏せた上で結婚話を振ることも織り込み済みだったそうで、結婚が確実だからこそ内山もOKしたのでしょう」(芸能デスク)

 2人は、吉田が平子理沙と離婚した2年後の2017年、単発刑事ドラマ「確証」で共演。翌年6月、スポーツ紙が熱愛を報じた。

「内山は07年、東山紀之との交際報道が出たことがある。ツーショット写真こそなかったが内山の事務所は交際を認めた。ヒガシが“将来のジャニーズ社長”といわれていたことで、内山も『将来は社長夫人か』などとも囁かれたが、結局約2年半で破局」(同前)

「RYT500」というヨガ講師の資格をもつ

 内山と吉田は13歳差だが、東山とも15歳差と離れていた。そして東山との出会いも刑事ドラマでの共演と、妙に共通項が多い。

「内山は料理上手で、『煮込み料理が得意』と語っている。一方、書道は七段、ヨガの資格も持っており、吉田も内山の多才な面を気に入っているという」(同前)