昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

source : 提携メディア

genre : ライフ, 医療, ヘルス, 社会

こうしたうつ病の症状が寛解しても、「社会機能障害」の回復までにはさらに時間がかかるのが一般的だ。

「うつ症状の回復と社会機能の回復にはタイムラグがあるのです。症状が軽くなったからと焦って復職すれば、再発を繰り返してしまう」(石郷岡医師)

企業でメンタルサポートにあたっている産業医の野﨑卓朗さんも「うつ病患者は復帰を焦る傾向がある」と指摘する。

「多くの人は長期で休むことに慣れていないため、“休むと居場所がなくなるのでは”という不安から復帰を焦る傾向がある。“もっとも悪いときよりは改善したので大丈夫だと思う”と、自分の状態を楽観視する傾向が再発する人に多く見られる」(野﨑医師)

以下の調査結果からも、患者と医師の「社会機能に関する認識の違い」が浮き彫りになっている(図表1)。

重症期、軽症期、軽快期のすべての病期において、医師は患者本人よりも、患者の社会機能を低く評価する傾向が見られた。つまり「患者本人は社会機能が良好だと楽観的にとらえているが、医師は常にそのように判断していない」と捉えられるということだ。

うつ病患者に言ってはいけない「禁句ワード」とは

再発を繰り返さないために、社会機能の回復はどのようにジャッジすればいいのだろうか。

「症状が治っているかではなく、安定して就業を続けられる状態に戻っているかどうかの判断が大切。そのために、再び同じ状況になったときに切り抜けられるよう、体調不良に至った経緯を本人に振り返ってもらい、対処法を考えてもらう作業が必要」(野﨑医師)

「うつ病の治癒過程には個人差があり、特に軽快期の治療は患者ごとの個別性が大きい。その人にもっとも適した復職のプロセスを探るために、患者本人と医師が双方向的にコミュニケーションを取りながら、現状を客観的に把握することが肝心」(石郷岡医師)

では、うつ病を発症してしまった部下や同僚に対して、周囲はどのように接すればよいのだろうか。