昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

ソープ嬢とのスキンなし“趣味講習”でシャブを使って… 車椅子姿の吉原高級ソープ“代表”が主張した警察の“違法”な捜査

#1

genre : ニュース, 社会

 いま、東京都台東区・吉原の風俗業に携わる人々が恐れる、ある男性の裁判が行われている。被告人は、東京都内に住む会社役員の男、A(50)。2019年12月から翌20年1月にかけ、東京都ほか複数県内において覚醒剤を使用したとして起訴された。しかし、弁護側の主張は、検察側と真っ向から対決している。

「検察は強引に犯罪を作り上げようとしている。無理な捜査には必ずボロが出る」

 11月1日に東京地裁で開かれた、覚醒剤取締法違反(使用)の初公判で、弁護人は証言台の前に立ち、正面に座る平出喜一裁判官に向かって、開口一番、そう述べた。(全2回の1回目/続きを読む

©️iStock.com

弁護側が主張する“違法な手続き”

 A被告が逮捕されたのは20年1月。ところが、覚醒剤の使用という事案にありながら、主に殺人などの重大犯罪を対象とした裁判員裁判で、公判前に非公開で行われる「公判前整理手続」に付され、初公判が始まったのは逮捕から約1年10ヶ月後となった。

 弁護側が主張する“違法な手続き”については、初公判の数日前、朝日新聞が先行してこれを報じた。公判前整理手続において、東京地検が証拠品として開示したDVD内の動画データが破損して逮捕日の動画が見られない状態になっていたことがわかったというのである。これは、A被告が当時居住していたマンション出入口付近に備え付けられていた秘匿カメラの映像だ。

 初公判において弁護側は、この破損した動画データは捜査機関により意図的に消去されたものであると主張。さらに、逮捕直前、A被告が喉の渇きを訴えた際、A被告の車にあったペットボトルを警察から渡されて飲んだが、そこに被告の知人女性が使っていた覚せい剤が混入していた可能性があり、A被告が意図的に覚醒剤を使用したわけではないとして、無罪を主張した。逮捕後、ペットボトルとその中の水を分析したところ、覚醒剤成分や被告のものとみられる唾液成分が検出されたという。

 秘匿カメラの設置には理由があった。A被告は前科5犯。直近では2018年11月、脅迫罪と覚醒剤取締法違反により東京地裁で実刑判決が言い渡されていた。控訴するも、2019年5月に控訴棄却。そして保釈後、上告中に海外へ渡航。この旅券申請にあたり「現在進行中の刑事事件はない」旨の虚偽の事実を申告していたことから、旅券法違反での捜査がすすめられていたのだ。脅迫と覚醒剤取締法違反については、最高裁で上告も棄却され、刑が確定していたが、刑務所への入所を逃れ続けていたという。当時の居住先出入り口に秘匿カメラが備えられたのが、逮捕直前である2019年12月だった。