昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「京王線事件まねた」九州新幹線で放火未遂 けが人なし、容疑者は逮捕

source : 提携メディア

genre : ニュース, 社会

「京王線事件まねた」 九州新幹線で放火未遂―けが人なし、容疑で男逮捕・熊本

放火未遂事件があった九州新幹線の車内を調べる警察官ら=8日(JR九州提供)

 8日午前8時45分ごろ、JR熊本―新八代間を走行中の広島発鹿児島中央行き九州新幹線「さくら401号」(8両編成)の車内で、男が床に液体をまき、火を付けた紙を投げ込んだ。熊本県警やJR九州によると、現場の3号車は自由席で約30人が乗っていたが、火はすぐに消し止められ、けが人はいなかった。

 県警八代署は職業不詳、三宅潔容疑者(69)=福岡市博多区大博町=を現住建造物等放火未遂容疑で現行犯逮捕した。容疑を認め、「(東京で起きた)京王線の事件をまねしようとした」と供述しているという。

 同署によると、三宅容疑者は熊本駅で乗車後、座席から床に液体をまき、100円ライターでレシートに火を付けて液体の上に投げ込んだ。乗客が火を消し止めたが、床が幅数センチほど焼けた。

 新八代駅で署員が車両に乗り込んだ際、三宅容疑者は座席に座っており、その場で逮捕した。刃物は所持していなかった。県警は液体の成分や詳しい動機などを調べる。

 JR九州によると、防犯ブザーが鳴り車掌が確認したところ、煙が出ていたため一時停止した。列車内には乗客計141人がいた。列車は三宅容疑者を下車させるなどした後に運行を再開し、鹿児島中央駅に約50分遅れで到着。この影響で九州新幹線の他の列車にも運休や遅れが生じた。

この記事の写真(1枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー