昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「俺は1ケタの億には口は出さない。2ケタからだ」“日大のドン”田中英寿理事長の自宅から1億円が見つかった

2021/11/22

 9月8日の家宅捜索で幕を開けた、日本大学附属板橋病院の建て替え工事を巡る背任事件。約2カ月が経過したが、日大のドンこと田中英寿理事長(74)は、駿河台にある日本大学病院の特別室に籠り、いまも強気の姿勢を崩していない。

◆ ◆ ◆

田中英寿理事長

『何も知らないし、金も受け取っていない』と繰り返し否定

 司法担当記者が語る。

「板橋病院の件では、日大から、設計担当の佐藤総合計画に払った着手金約7億3000万円のうち、2億2000万円が不当に流出。そのスキームを主導し、約2500万円を受け取った疑いで、日大の元理事で、田中氏の最側近だった井ノ口忠男氏が逮捕されました。さらに1億円を受け取ったとして大阪市の医療法人『錦秀会』の前理事長、籔本雅巳氏も共犯として逮捕。捜査の行方は、日大の最高権力者である田中氏の関与と金銭の授受が焦点になっている」

籔本雅巳氏

 検察側は“頂上作戦”と称して、田中氏立件に意欲をみせ、複数回にわたって任意の事情聴取を行なった。

「田中氏は『日大に泥を塗るようなことには加担しない』『何も知らないし、金も受け取っていない』と繰り返し否定。大学は損失を被っていないとの理由で被害届の提出も拒んだ」(同前)

 しかし、謝礼名目で不可解な金が飛び交う様は、国から90億円(昨年度)の補助金を受ける教育機関のあるべき姿とは程遠い。