昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

乃木坂、櫻坂、日向坂…「坂道G 勝手にオールタイム・ベスト総選挙」アンケート大募集!

抽選で10名様に5000円分のAmazonギフト券をプレゼント

genre : エンタメ, 芸能

 毎年、大好評を呼んでいる文春オンラインのアンケート企画「文春版 オールタイム・ベストAKB総選挙」。その中でも今回は、坂道グループメンバーだけを対象にした「坂道グループ 勝手にオールタイム・ベスト総選挙」を実施します。坂道グループ限定のアンケートは、2018年以来2回目の開催です。

 対象となるのは、乃木坂46、櫻坂46、日向坂46の“坂道グループ”の現役、卒業生を含めた全てのメンバーたち。

 前回行われた「坂道グループ 勝手に総選挙」で、トップを獲得した平手友梨奈(20)や2位の白石麻衣(29)など、人気メンバーの卒業が相次いだ坂道グループ。卒業後も変わらずに第一線で活躍する彼女たちの好感度はどうなったのでしょうか?

平手友梨奈 ©時事通信社

 前回3位にランクインし、現在、写真集が累計34万部に達して話題を呼んだ生田絵梨花(24)も、乃木坂46結成10周年となる今年限りでの卒業を表明。ほかにも櫻坂1期生である渡辺梨加(26)や守屋茜(24)ら知名度のあるメンバーたちの卒業発表も、順位に影響しそうです。

 現役メンバーたちの存在感も負けてはいません。安定した人気で各グループを引っ張る齋藤飛鳥(23)や渡邉理佐(23)らが活躍する一方で、改名後の櫻坂46初ツアーで新曲センターを飾った田村保乃(23)や日向坂46の6thシングルで初センターに選ばれた金村美玖(19)など、新たに注目されるメンバーも続々登場。

 さらに、3年ぶりに開催された乃木坂46のオーディションの末、選ばれた新メンバーが12月にはいよいよ発表。その中から、駆け込みで期待の新星がランクインする可能性も……? また、まさかの活動休止発表でファンの間に激震が走った小林由依(22)や小坂菜緒(19)など、休養中の人気メンバーの順位も見過ごせません。

 そのほか、ここ1、2年で大きく変化したのが、オンライン配信の存在です。YouTubeやSHOWROOMなどの配信を通じて、個別にスポットが当たる機会が多くなり、画面越しに新たな魅力が発掘されたメンバーも増えているのではないでしょうか。こうした動きが、ランキングにどんな影響を与えるかも注目です!

 日本を代表するアイドルグループの最新の好感度ランキングには、はたしてどんな顔ぶれが並ぶのでしょうか?

©時事通信社

 応募方法としては、下記のURLにアクセスして、現役から卒業生まで、坂道グループのなかで、みなさまの“推しメン”3人に順位をつけて投票して、あわせてその理由をお書きください(1位=5点、2位=3点、3位=1点として集計します)。

 回答者の中から、抽選で10名様に5000円分のAmazonギフト券をプレゼントいたします。

 応募〆切は、2021年12月15日(水)18時です。

 みなさんからのたくさんのご応募を、お待ちしております!

応募〆切:2021年12月15日(水)18時

投票する

応募にはメールマガジンの登録が必要となります。
※編集上の都合により、締め切り日を変更する場合があります。

この記事の写真(2枚)

応募要項
  • 当選者の発表は、賞品の発送をもって代えさせていただきます。お届け先情報の登録がない場合、登録されたお届け先が不正確であった場合は、当選を無効とさせていただきます。なお、お届け先は国内に限らせていただきます。
  • 回答は各アンケート、ひとり1回に限らせていただきます。
  • 投稿いただいた内容の他、あらかじめ登録いただいた年齢をあわせて掲載する場合があります。
  • 個人を特定する情報については、当社のプライバシーポリシーに従って厳格に管理します。あらかじめご本人の許可を得た場合および法令に基づく場合を除き、個人が特定できる情報を外部に提供することはありません。
  • 回答いただいた内容は、誌面の都合上一部のみを使用したり、誤字脱字の修正、その他掲載に必要と思われる最小限の範囲において編集を行なう場合があります。
  • 回答いただいた内容の著作権は、文藝春秋に帰属するものとします。誌面のほか、新聞広告、交通広告等にも掲載される可能性があります。
  • 誌面掲載にあたっては、事前にお知らせしたり、内容を確認いただくことは出来ません。