昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「あの世で子どもをしばいてやる」出刃包丁で児童8人を次々と殺害…死刑が確定した“夫”と30代女性が獄中結婚した理由

#1

2021/11/22

「文藝春秋」12月号より、ノンフィクションライターの小野一光氏による「なぜ死刑囚・宅間守の妻になったか」を公開します。(全3回の1回目/#2#3へ続く)

◆ ◆ ◆

 これまで数多くの殺人犯との面会を繰り返してきた。

 そのなかには、やがて死刑が確定したことで、面会や手紙のやり取りが叶わなくなった相手も少なくない。死刑囚の「心情の安定」との理由で、死刑確定後は弁護士や親族以外の、面会や文通といった接見交通権が制限されてしまうからだ。

 つまり親族との関係が断絶した死刑囚は、ほとんど面会や手紙のやり取りができないことを意味する。

 私が会ったなかでは、2017年に神奈川県座間市で9人を殺害した白石隆浩死刑囚(面会時は被告)が、刑の確定後の生活について、意識的な発言を繰り返していた。

 逮捕後に殺到するメディアに対し、彼は取材の条件として謝礼の支払いを求めていたが、それは死刑確定後に自由に使える現金を確保しておくためだった。

写真はイメージ ©iStock.com

 両親や妹といった親族との関係が断絶していた彼は、死刑確定後の孤独な収容生活に備えて、菓子類や生活用品などを購入する費用を、自分で稼ぎ出そうと考えていたのだ。

「誰かいい人を見つけられたらと思って」

 ちなみに禁錮や懲役囚とは異なり、死刑囚の身柄は、刑の確定後も刑務所ではなく拘置所に置かれる。拘置所内において、死刑執行まで未決拘禁者と同じく、必要な物品を購入することができるのである。

 私は、白石と計11回の面会を行ったが、6回目の面会時に彼との面会記事を掲載した雑誌を読んだ白石は、こう切り出した。

「持ち込み企画なんですけど、僕の“獄中結婚相手募集”って(記事を)出してもらえないですかねえ。誰かいい人を見つけられたらと思って」

 聞けば、白石には以前から手紙を送ってきたり、差し入れをしてくれる女性が数人いたという。しかし、とある女性週刊誌が、彼の女性観を明かした面会記事を出したところ、連絡が途絶えたというのだ。