昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

新たな中絶告白も…ゴールデンボンバー歌広場淳に二股告発女性相次ぐ

“ヴィジュアル系エアーバンド”ゴールデンボンバーのメンバー、歌広場淳(36)。「週刊文春」11月18日号では、歌広場が不倫の末、相手女性A子さんが切迫流産、妊娠中絶に至っていたことを報じた。2016年に結婚し、今では二児の父でもある歌広場は活動自粛を発表した。

歌広場淳

 ただ、彼は結婚前後にわたり、並行して多数の女性と交際していた。中にはやはり妊娠中絶に至ったケースもある。

 現在30代のB子さんは、秋葉原のメイド喫茶で働いていた10年ほど前、客として訪れた歌広場に声をかけられ交際開始。だが、歌広場が別のメイド喫茶店員と交際していると耳にしたB子さんが歌広場を問い詰めると、彼はそれを認めた。「本命の彼女の存在を知らされず、二股をかけられていました」。歌広場が初めて交際した男性だったというB子さんは、今もそう憤る。

B子さんへのSNSメッセージ

 同様にメイド喫茶勤務のC子さんも、歌広場に声をかけられ交際を始めた。半年後、歌広場からの電話に出ると、声の主は「歌広場の恋人」を名乗る女性。女性は言った。