文春オンライン

09年に離婚、直後に初のヘアヌード写真集を出版

「07年4月に不動産会社経営の男性とサイパンで挙式しましたが、男性には妻がいて、重婚ではないかと騒がれました。前妻との離婚が成立し、同年11月に入籍した後、すぐに男児を出産。ところが男性の会社は約20億円の負債を抱えて倒産したのです。09年に離婚し、直後に初のヘアヌード写真集『Fumming』(講談社)を出版するものの、芸能活動は休止状態でした」(スポーツ紙記者)
 

写真集は30冊以上出版し、計100万部を売り上げた

 14年に7年ぶりにテレビ出演した後は細々と芸能活動を続けていた。19年に舞台「次郎長、渡世人(ヤクザ)辞めるってよ」で細川を起用した演出の泉堅太郎が語る。

「すごくマジメな人で、絶対に遅刻しないし、セリフも最初から全部入れてくる。子供がまだ小さいから『セリフを覚えたり芝居に没頭していると、甘えてくるんです』と話していましたね」

 同舞台で共演した新藤栄作は、稽古中に迎えた誕生日に手紙をもらったという。

「『おめでとうございます、本番頑張りましょう』と。手作りの匂い袋をもらいました。気遣いのできる人で、応援したくなっちゃう」