昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「体重が減るのが今の私の支え」…有名進学校の女子高校生が体重31キロ、生理も止まるまでやせたわけ

source : 提携メディア

genre : ライフ, 医療

「体重が減るのが今の私の支え」…有名進学校の女子高校生が体重31キロ、生理も止まるまでやせたわけ

 食事を取れなくなり、体重が減少し、生理も止まる神経性やせ症(拒食症)は、思春期の女子に発症することの多い病気です。重症の場合、精神的なケアとともに、体の治療も必要となります。今回は神経性やせ症の事例を紹介します。

手がかからず成績もトップクラス

 綾乃さん(仮名)は、神経性やせ症のために思春期外来を受診した女子高校生です。

 綾乃さんの家族は、両親、綾乃さん、中学生の妹の4人です。綾乃さんは小さい頃から、手がかからず、幼稚園では先生の言うことをよく守り、年下の園児のめんどうをみる子でした。自宅でも妹の世話をよくしていたようです。

 小学校入学後は、周りから優等生として評価され、学級委員や児童会役員を何度も務めました。中学校入学後からは一生懸命に勉強するようになり、学年で常にトップクラスの成績を取っていました。

 高校は進学校として有名な学校に入学しました。席の近かった同級生の女子生徒と仲良くなり、休み時間はいつも2人で過ごしていました。しかし、夏休み明けにその子が転校してしまいました。その後から綾乃さんは食事を取らなくなり、食後には自己誘発性 嘔吐(おうと) (のどに自分の指を入れて吐く行為)をするようになりました。体重が少しずつ減少し、生理も止まったため、思春期外来を母親と一緒に受診しました。

 初診時の綾乃さんは顔色が悪く、やせが目立ちました。身長は160センチ、体重は31キロで、標準体重の57%しかありません。そのため綾乃さんは、すぐに入院することになりました。

退院してすぐ、再び自己誘発性嘔吐を

 入院後も食事が取れないため、高カロリー輸液の点滴が開始されました。

 入院直後の綾乃さんは、

 「私には悩みごとは何もありません。こんなに元気なのに、どうして精神科に入院しなくてはいけないの?」

 と、不満を何度も主治医にぶつけてきました。

 主治医は、

 「あなたの問題は、食べるとか食べないとかいうことではありません。今まで懸命にがんばってきたけれど、これ以上がんばれないというSOSのサインを、体が、やせることであなたに伝えようとしているんです。今は心身の休養が必要です」