昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

寒くなると体調を崩し、炭水化物や甘いものがほしくなる「冬季うつ病」を知っていますか?

source : 提携メディア

genre : ライフ, 医療

寒くなると体調を崩し、炭水化物や甘いものがほしくなる「冬季うつ病」を知っていますか?

 こんにちは。精神科医で睡眠専門医の三島和夫です。睡眠と健康に関する皆さんからのご質問に、科学的見地からビシバシお答えします。

 日毎に寒さがつのる季節になりました。新型コロナへの懸念が完全に払拭されたわけではありませんが、これから続くクリスマス、お正月と心浮き立つイベントを楽しみにしている人も多いのではないでしょうか。ところが、毎年この季節になると朝に起きづらくなって、日中は眠気が強く、何事も 億劫(おっくう) になって、不活発な生活に陥ってしまう病気があります。冬季うつ病です。いったいどのような病気なのでしょうか?

秋から冬の間に不活発さが

 うつ病の中には春先や秋口など特定の季節や時期に発症するタイプがあり、「季節性感情障害」と呼ばれます。その中でも秋口から調子が悪くなり、春先に自然に回復するタイプのうつ病は冬季うつ病と呼ばれます。10月ぐらいから徐々に億劫さが強まり、仕事や勉強に意欲が湧かず、人と会いたくないなど不活発さが目立ち始めます。ほかにも、気分の落ち込みやイライラ感などが見られることもあります。うつ症状は年末から2月頃にかけてもっとも強くなり、その後徐々に軽快して3月下旬には自然に回復します。

 うつ病の発症には、人間関係のストレスや近親者が亡くなるなど何らかのきっかけがあることが多いのですが、冬季うつ病ではそのような心理社会的な原因が無くても、秋口に自然に発症し、春先に自然に回復するのが特徴です。10代から20代の若年時に発症し、女性に多いのが特徴です。夏場には逆に軽い 躁(そう) 状態になる人もいます。専門的には双極II型障害(躁うつ病の一種)と呼ばれます。

夏場よりも3~5kg以上も体重が増え

 冬季うつ病の患者さんには、睡眠や食行動にも不思議な変化が生じます。一般的にはうつ病患者さんの8割以上は不眠や食欲低下に悩まされます。ところが、冬季うつ病では他のうつ病と異なり過眠と過食が出現するのです。過眠とは眠気が強くなる症状で、睡眠時間が長くなるため朝に布団から出るのがつらく、日中にもボンヤリし、授業中や業務中に居眠りをしてしまうこともあります。