昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載完全版ドキュメント・北九州監禁連続殺人事件

「この害虫どもは、それに値する制裁を加えてやらねば」松永太の残虐な犯行に遺族が訴えたこと

完全版ドキュメント・北九州監禁連続殺人事件 #82

2021/11/30

genre : ニュース, 社会

 起訴された案件だけで7人が死亡している「北九州監禁連続殺人事件」。

 もっとも凶悪な事件はなぜ起きたのか。新証言、新資料も含めて、発生当時から取材してきたノンフィクションライターが大きな“謎”を描く(連載第82回)。

北九州監禁連続殺人事件をめぐる人物相関図

純然たる被害者遺族・西浦家

 松永太と緒方純子に殺害された緒方一家6人のうち、緒方の妹の智恵子さん(仮名、以下同)の夫である緒方隆也さんは、西浦家から緒方家に婿入りしていた。

 緒方家の親族は、被害者遺族であると同時に、“血族”である緒方が犯行に及んでおり、加害者の親族でもあるという、相反する事情を抱えていた。しかし、西浦家の親族は、隆也さんが緒方家の娘と結婚したことで犯行に巻き込まれ、その結果、隆也さんやその子供たちの命を奪われてしまうという、純然たる被害者遺族だった。

小学生時代の松永太死刑囚(小学校卒業アルバムより)

 福岡地裁小倉支部で開かれた公判での検察側の論告書(以下、論告書)では、そんな隆也さんの遺族による〈処罰感情〉が明かされている。

●西浦A子(原文実名、以下同)の処罰感情

 

〈A子は、隆也の実母であるとともに、花奈(隆也さんの長女)及び佑介(同長男)の祖母でもあり、緒方一家が久留米の自宅からこつ然と失踪した後、約6年間にわたり、毎日欠かさず願を掛けつつ、隆也、智恵子、花奈及び佑介の元気な帰宅を心待ちにしていたものである。

 

 その後、A子は新聞報道等によって隆也が殺害されたことを知るに至るが、捜査段階においては、「私は、もし孝さん(緒方の父)と和美さん(緒方の母)が、隆也たち家族だけでも逃げられるようにしてくれれば、隆也たちは殺されずに済んだと思ってしまいます。緒方家の問題なのだから、隆也には関係ないはずなのにと思えてしまうのです。しかし、仮に孝さんたちが、隆也に逃げろと言ったとしても、隆也は、孝さんたちを見殺しにすることはできず、きっと、逃げなかったと思います。隆也はそういう子でした。人一倍優しく、人一倍芯の強い子でした。」などと、情に厚く、人を決して裏切らない、家族思いの隆也の性格を述べる反面、隆也には家族を見殺しにしてでも生き延びて欲しかったという、母としての隆也に対する切ない情愛を述べていた〉