昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

source : 提携メディア

試算すれば興味深い数字が出てくることでしょう。「こんなに少ないなら、自分でお金を貯めなければ」、あるいは「意外と多いから、これなら暮らせる」のどちらかです。

利用するには登録が必要です。年金手帳などに記載されている「基礎年金番号」と「ねんきん定期便」に記載されているアクセスキー(有効期限が切れている場合は、ねんきんネットに接続して取り直せる)で利用申し込みを行い、交付されたユーザーIDとパスワードを登録して、利用しましょう。

現役時代にできる年金額を増やす方法

自分の年金額を増やしたければ、次のような方法があります。

厚生年金は収入を増やす、もしくは働き続ける期間を長くすると増えます。60歳以降も会社の継続雇用なら厚生年金に加入しなければならないので、その分受け取る年金額は増えます。

国民年金は、付加年金に加入する、未納期間があれば、60歳以降任意加入するなどの方法で増やせます。付加年金は、国民年金の保険料に月額400円を上乗せして支払うと、将来もらう老齢基礎年金に200円×付加保険料納付月数の付加年金がプラスされます。

例えば、10年間、月400円の付加保険料を払うと、4万8000円になりますが、老後に受け取る年金額は年2万4000円増えるので、2年で元がとれ、その後は長生きするほど丸々の儲けになります。

国民年金の加入期間は、基本的には60歳までですが、それ以前に未納期間があれば、60歳以降も任意加入して保険料を納めれば、加入期間を40年まで伸ばせて、将来受け取る年金額を増やすことができます。

年金の受け取り時期は自分で決められる

原則として公的年金の受け取り開始年齢は、65歳です。しかし、60歳から早くもらい始めることも、70歳から遅くもらい始めることもでき、受給開始時期は自分で決めることができます。

65歳前からもらう年金を「繰り上げ受給」といい、早い時期から長い期間年金をもらうことになるので、1カ月繰り上げるごとに年金額が0.5%(2022年4月1日以降、60歳に到達する人を対象として0.4%に改定)減額されます。