昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

source : 提携メディア

genre : 教育

「キリスト教系の学校は英語教育に熱心です。晃華学園は東京・調布にある女子校で、校内でスピーチコンテストを実施したり、英検やTOEICの取得に力を入れたりと、国際教育に取り組んでいます」

※偏差値50台の学校の、早稲田大国際教養学部、東京外国語大、国際基督教大学ほか5大学別の合格者数などデータ詳細は、『プレジデントFamily2021秋号』に掲載している。

首都圏の偏差値50台のお得校「理系に強い学校」編 1~30位

東大・京大・早慶の理系学部、東京工業大、東京理科大などの難関理系大学への合格者が多い「理系に強い学校」の上位に目立つのは男子校だ。

「理系への進学者は女子も増えましたが、全体的には男子が多いことから、ランキングには男子校や共学校が目立ちます。3位攻玉社(最低偏差値55、難関理系合格率62.8%)、4位本郷(最低偏差値58、難関理系合格率54.4%)、8位の桐朋(最低偏差値56、難関理系合格率48.7%)は東工大への進学者が多いですね。東工大は大学院を含めた6年一貫教育で理系の専門教育を行っており、理系の人材育成には定評があります。また7位の東京都市大付(男子校・最低偏差値56、難関理系合格率49.1%)、17位の芝浦工業大柏(共学校・最低偏差値52、難関理系合格率30.9%)は理系大学の付属校ということもあり、理系志望者が集まっているのでしょう」

※偏差値50台の学校の、東京大理系、京都大理系、東京工業大、早稲田大理系、慶應義塾大理系ほか6大学別の合格者数などデータ詳細は、『プレジデントFamily2021秋号』に掲載している。

この記事の写真(1枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー