昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「絶対に金メダルを取りたいという気持ちは特にありません」

 五輪での金メダル争いでも羽生はその中心にいる。

「ここ数年の成績で頭一つ抜けているのが、昨季の世界選手権覇者のネイサン・チェン(22・米)。そこに続くのが羽生です。この2人はショートとフリーの合計スコアが320点くらい出ます。第2グループが宇野昌磨(23)、鍵山優真(18)、ヴィンセント・ジョウ(21・米)の3人。彼らは300点台は出せるが、トップの2人との差は小さくない」(前出・折山氏)

平昌五輪のリベンジを狙うチェン

 羽生は今年7月のアイスショーに参加した際、「平昌のときのように、絶対に金メダルを取りたいという気持ちは特にありません」と発言している。だが、人一倍負けず嫌いな羽生だけに、北京で勝つための最善策を考えているのだろう。

 元トップ選手が語る。

「フィギュアスケートでは、大事な試合に調子を合わせるピーキングが特に重要。全日本に全力を出すと、五輪に影響が出る可能性もあるため、あえてパスする選択肢もあるでしょう」

五輪での勝利のために絶対に必要な存在

 そして羽生にとって、五輪での勝利のためにもう一つ絶対に必要な存在がある。

「母の由美さんです。国内外の試合に必ず帯同してきた。羽生はパンがダメで、海外でも米の食事が必須。由美さんは海外でもご飯を炊いて、おにぎりを用意してきました。1人で練習し、コーチの指導や振り付けもリモートで受ける状況の中、一番羽生の状態を把握しているのが由美さんで、実質的なコーチとも言えます」(前出・記者)

昨年の全日本は圧巻の演技で優勝

 だが、北京五輪は関係者を徹底的に隔離する「バブル方式」で行われる。

「IOCが発表した『プレイブック』では、選手に選手村への滞在を強く要請し、毎日PCR検査を行うことなどが盛り込まれていました。ゼロコロナ政策を取る中国では、東京五輪よりも運用が厳しくなりそうで、観客も中国居住者だけ。由美さんがコーチ登録でもしない限り、羽生の身の回りの世話をするのは難しいかもしれません」(同前)

 前人未到の冬季五輪3連覇のカギは母が握っている。

この記事の写真(4枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー