昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2021/12/08

寺は生涯忘れ得ぬ場所

 フランシスさんは、その後、名門、南カリフォルニア大学を卒業。就職、結婚、出産、子育てと、人生を重ねていくなかでも一貫して別院の活動に勤しみ、現在は総代を務める。

 一方ジャニーは、渡米翌年の1950年に朝鮮戦争が勃発すると、米国籍のため米陸軍に徴兵された。朝鮮半島での兵役を終えた彼はアメリカに戻らず、中継地の日本に留まりジャニーズ事務所を創設する。

 そんなジャニーにとって、別院は、青春の一時期を過ごした生涯忘れ得ぬ場所だった。別院檀家代表のリチャード・ナルミさん(62)が、ジャニーの晩年を振り返った。

美 少年 ジャニーズアイランドネットより

「ジャニーはロサンゼルスに来ると、必ず別院に寄って寄付をしてくれました。2018年には、ジャニーから事務所所属の人気グループ、『美 少年』を別院で公演させたいとオファーがありましてね。僕らは、驚くやら、うれしいやら。彼らを高野山米國別院の舞台に立たせるのが、ジャニーの夢とのことでした」

「美 少年」の別院コンサート、「ありがとう高野山」は2019年8月に実現した。それは、ジャニー喜多川の逝去からわずか1カ月後、“美少年”だったヒー坊がフランシスさんと写真に収まってから70年後のことだった。

「美 少年」を高野山米國別院の舞台に立たせるのは、ジャニー喜多川のたっての夢だった(YouTube「ジャニーズJr.チャンネル」)

(文中一部敬称略)

この記事の写真(8枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文藝春秋をフォロー