昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

世界で最も幸せなはずのフィンランドで、暗くて重苦しいヘヴィメタが流行るワケ

source : 提携メディア

genre : ライフ, 国際, ライフスタイル

「幸福度の高い国」として知られるフィンランドでは、「ヘヴィ・メタル」が国民的な音楽として愛されている。心理学研究者のフランク・マルテラさんは「雪に覆われた土地で暮らす内気なフィンランド人にとって、ヘヴィメタは負の感情を解放し、浄化する作用を持っている」という——。

※本稿は、フランク・マルテラ『世界一しあわせなフィンランド人は、幸福を追い求めない』(ハーパーコリンズ・ジャパン)の一部を再編集したものです。

写真=iStock.com/vm ※写真はイメージです - 写真=iStock.com/vm

カラオケ・バーでもヘヴィメタが多く歌われている

フィンランドは、2018年、2019年の世界幸福度報告で共に1位にランキングされた。

国民の生活への満足度のランキングを作ると、フィンランドをはじめ、スウェーデン、ノルウェー、デンマーク、アイスランドといった北欧の国々が必ずトップ10に入る。特に社会の安定度、安全性、自由という面で、北欧諸国は際立っている。

長い冬の気温は氷点下で、しかも、一日中暗闇に包まれてしまう街さえある。そんな中、フィンランド人たちはどうして幸せでいられるのだろうか。それには実はヘヴィ・メタル音楽が重要な役割を果たしているのかもしれない。

ヘヴィ・メタルは総じて言えば評判の良い音楽ではない。しかし、フィンランドでは事情が違う。

ポップ・ミュージックは元来、明るく楽しい音楽だが、ヘヴィ・メタルは暗く重苦しい。冬が暗く寒いことで知られるフィンランドには、人口1人あたりにすると、地球上のどの国よりも数多くのヘヴィ・メタル・バンドが存在している——10万人あたり63のバンドがある計算になる。

フィンランドでは、ヘヴィ・メタルが音楽の王である。主要なラジオ局でかかる音楽もヘヴィ・メタルが多いし、カラオケ・バーでも多く歌われている。フィンランドで史上おそらく最も人気があったバンドは、チルドレン・オブ・ボドムだろう。チルドレン・オブ・ボドムは王の中の王と言える存在で、ヘルシンキからリオ・デ・ジャネイロまで、どこでコンサートを開催しても満員になる。

z