昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

source : 提携メディア

genre : ライフ, ライフスタイル

けれど、この欲求がついえてしまったとしたら――。

事実、私のもとには、ストレスをため込んだ妻たちの愚痴(ぐち)、不平不満、相談が次々と寄せられました。

室内でいかに過ごすか。
住まいでいかに過ごすか。
住空間でいかに過ごすか。

今まで外へ外へと向けていた意識を内に向けて、自分のための空間づくりをしましょう。今までモノばかりに気をとられていたら、空間をもっともっと意識して。

断捨離とは、住空間のクリエイトです。断捨離で余計なモノたちと潔くお別れしてこそ、空間はよみがえります。

そして、あなた自身がよみがえらせた空間は、必ずあなたの身を守り、あなたの身体と心の健康維持にまちがいなく大きく貢献してくれます。

断捨離すると人生が好転する

さあ、ここで断捨離の基本をおさらいしましょう。

断捨離とは、心の執着を手放すためのヨガの行法哲学「断行・捨行・離行」から着想を得た、住まいと心の片づけメソッドです。

STEP1 なだれこむモノを「断」
STEP2 ガラクタを「捨」てる
STEP3 「断」と「捨」を繰り返し、モノへの執着から「離」れていく

この3ステップを繰り返すことで、住空間に新陳代謝が促されていきます。

ガラクタを排し、好きなモノだけが置かれた空間を想像してみてください。どんなよいことがあるでしょうか。

解放感がある。探しモノがみつかる。掃除がしやすくなる。体をのびのび動かせる。やさしい気持ちになれる。家族関係がよくなる。

こういったことは、断捨離を始めてすぐに実感することができます。ただ、断捨離にはさらにその先、その続きがあります。

断捨離するとよいことは、自分を大切にする生き方ができる。世の中や人生を俯瞰(ふかん)して見ることができる。心の状態をごきげんに保つことができる。周囲の人にごきげんが伝染する。不安を感じにくくなる。主体的に生きることができる。

こうした1つ上のステップに昇ることができるようになります。こうしたステップを昇るために、忘れてはならないことがあります。