昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

<生きているうちに父と会うことは、もう二度とないだろう>

「ゲーテ」の連載で綴った告白

 見開き2ページのエッセイの終盤、一茂はこう綴っていた。

<生きているうちに父と会うことは、もう二度とないだろう>

 11月3日、スポーツ界からは水泳の古橋廣之進(故人)以来、2人目となる文化勲章を受章するなど、今も大きな存在感を見せる長嶋氏。一茂が自ら「絶縁」を公にした背景には何があるのか――。

 12月8日(水)16時配信の「週刊文春 電子版」及び12月9日(木)発売の「週刊文春」では、一茂が綴ったエッセイの中身のほか、長嶋氏と一茂に深い溝が生まれた背景、商標登録や長嶋氏のグッズ売却を巡る問題、一茂と妹・三奈との「もつれた」関係、重度のうつ病を克服してタレントとして活躍する様子、一茂への直撃取材などについて報じている。

その他の写真はこちらよりご覧ください。

この記事をより詳しく読みたい方は「週刊文春 電子版」で購読できます。
週刊文春 電子版で記事を読む

この記事の写真(9枚)

+全表示

文藝春秋が提供する有料記事は「Yahoo!ニュース」「週刊文春デジタル」「LINE NEWS」でお読みいただけます。

※アカウントの登録や購入についてのご質問は、各サイトのお問い合わせ窓口にご連絡ください。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー