昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2021/12/18

野田が相方に出した2つの条件

 低価格が売りの、地下芸人御用達のチェーン居酒屋だった。そこで石橋は村上から「相方を紹介して欲しい」と頼まれる。石橋は冗談半分で野田の名前を挙げた。すると、村上は「僕、大好きなんです」と言った。石橋には意外だった。

「学生時代の村上は親から仕送りをもらっている普通のデブ。キラッと光るものとかは全く感じなかった。なので、アブノーマルな野田を好むようなタイプには見えなかった」

 石橋はその場で野田に電話をかけ、要件を簡単に伝えた。すると野田は条件を2つ突き付けてきた。

©文藝春秋

「絶対に文句を言わないヤツ。俺の邪魔をしないヤツ。この2つでしたね。当時の野田はバキバキに尖っていたので。ただ、村上にはこういうネタをやりたいというのがまったくない。他力本願もいいところ。そういうやつだから野田と奇跡的にマッチングしたんでしょうね」

 そうして、野田、村上ともに「お試し期間」のつもりでコンビをスタートさせた。すると、これが隣り合うパズルのピースのようにきれいにはまった。石橋は初めて2人のネタを見た瞬間、「これはスゴイことになる」と直感した。

野田の陰に隠れがちな村上の重要性

 そのネタは、体を無意味にぶつけてくる野田に対し、村上がひたすら「の~だ~く~ん!」とたしなめるネタだった。同じセリフでも強弱を変え、テンポを変え、ときに「ダメだよ~」とほんの少しだけ言葉を足した。それだけで会場は大爆笑だった。

 石橋が解説する。

「野田のハチャメチャな芸って、1人だと限界がある。お客さんがどう反応していいかわかんないんで。でも、村上がいることで、お客さんも『相方が困ってるんだから、困ってる私、正解だよね』って安心して笑えるようになった。村上は本当に文句も言ってないし、邪魔もしていなかった。だって、野田君しか言ってないんですもん」

©文藝春秋

 野田の陰に隠れがちな村上だが、2020年ファイナリストのうちの1組で、古くから2人を知るウエストランドの井口浩之も、村上の重要性を指摘する。

「野田さんの持ち味を殺さないよう突っ込むのは相当難しい。タイミングもそうだけど、言葉選びも、あえて柔らかくしたり、厳しくしたり。あの辺は簡単にはできないですよ」

 マヂカルラブリーの船出は順調そのものだった。結成元年、2007年に出場したM-1で3回戦まで進出し、翌年は準決勝まで駒を進めた。ところが、ここから足踏みをする。翌々年は再び3回戦どまり。結成4年目は2度目の準決勝進出を果たしたが、やはり決勝は逃した。