昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「モテる!」とはよく聞くけれど…芸人は「売れてなくても」モテるのか問題

2021/12/13

source : 提携メディア

genre : エンタメ

 

 「元・社長、現・地下芸人」の神宮寺しし丸。46歳。類を見ない肩書を持つ彼が、学校や職場などでさまざまな悩みを抱え、生きづらさを感じている皆さんが少しでも生きやすくなるような「生き方説明書」なるものを綴る連載コラム

今月は、誰もが心の内では気になっているであろう「男芸人と女性」のお話。

芸人はモテるのか?

「女遊びも芸の肥やし」は一昔前。合コンではしゃぐ芸人の話も聞かなくなりました。SNSを恐れて地下に潜っているだけかもですが(笑)。それでも「芸人はモテる」とよく耳にします。果たして本当でしょうか?

【芸人の結婚一覧】

明石家さんま×大竹しのぶ

石橋貴明(とんねるず)×鈴木保奈美

木梨憲武(とんねるず)×安田成美

内村光良(ウッチャンナンチャン)×徳永有美(フリーアナウンサー)

ガダルカナル・タカ×橋本志穂

ヒロミ(B21スペシャル)×松本伊代

清水圭×香坂みゆき

木村祐一×辺見えみり

大竹一樹(さまぁ~ず)×中村仁美(フリーアナウンサー)

名倉潤(ネプチューン)×渡辺満里奈

深沢邦之(Take2)×田中美佐子

陣内智則×藤原紀香

遠藤章造(ココリコ)×千秋 

田中直樹(ココリコ)×小日向しえ

藤井隆×乙葉

劇団ひとり×大沢あかね

井戸田潤(スピードワゴン)×安達祐実

東貴博(Take2)×安めぐみ

出川哲朗×阿部瑠理子(元レースクイーン)

田中裕二(爆笑問題)×山口もえ

ビビる大木×AKINA

古坂大魔王×安枝瞳

庄司智春(品川庄司)×藤本美貴

矢部浩之(ナインティナイン)×青木裕子

濱口優(よゐこ)×南明奈

渡部建(アンジャッシュ)×佐々木希

中田敦彦(オリエンタルラジオ)×福田萌

陣内智則×松村未央

あべこうじ×高橋愛

日村勇紀(バナナマン)×神田愛花(フリーアナウンサー)

バカリズム×夢眠ねむ

山里亮太(南海キャンディーズ)×蒼井優

こうして一覧で見ると改めて凄いですね。お笑い芸人の奥様は大沢あかねさんを筆頭に美女ばかり。はい、筆頭は大沢あかねさんで間違いございません。既に離婚された方もいらっしゃいますが、リベンジとばかりに二度目のランクインをされている方も。

特筆すべきは、年齢差は18歳、身長差は17cm(奥さんの方が高い)でも話題になった出川さんです。
出川さんは当時「抱かれたくない男」の代表のような存在でしたが、レースクイーンの奥様と結婚しております。

最近では、山里さんの結婚も驚きでした。「モテない男」のイメージが強かったところに蒼井優さんですから。

結婚はしてなくても、江頭2:50さんも実はめちゃくちゃモテると芸人間の噂で聞きます。それはYouTuberとしても人気者となった最近のことではなく、『めちゃイケ』に出始めた頃から。あのキャラクターですが綺麗好きで、江頭さんとすれ違うと良い香りがしてそのギャップがたまらないのだとか。

なので、ルックスや芸風に関わらず売れたらモテる。「売れてる=面白い」「面白い=モテる」となるのでしょう。あと、売れていれば当然経済力もあります。

しかし、売れている芸人がモテるのは、今更言うまでもなく周知の事実。ここからが本題です。

「売れてない芸人でもモテるのか?」

「芸人はモテる」という言葉の前提として、「芸人=面白い人」。「面白い人=モテる」というのがあります。これはつまり「売れていない芸人=面白くない人」「面白くない人=モテない」が成立してしまうのではないか?これが成立しないのです。