昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

source : 提携メディア

genre : ライフ, 経済, ライフスタイル

所得税と住民税の「節税」につながる

一方、ふるさと納税を行うと住民税の節税につながるというのは事実です。確定申告を通じて、ふるさと納税の節税を行う場合、所得税は所得控除の仕組みを通じて、住民税は税額控除の仕組みを通じて節税につながります。ワンストップ特例の場合ですと、所得税の所得控除の仕組みを活用しない分、減税対象額が全額住民税から差し引かれることになります。

基本的な仕組みは以下のとおりです。たとえば、確定申告を介して節税を行う場合、

(1)所得税からの控除額
(ふるさと納税額-2000円※自己負担額)×所得税率・・・所得税からの減額
(2)住民税からの控除額(基本分)
(ふるさと納税額-2000円)×10%・・・住民税からの減額
(3)住民税からの控除額(特例分)
(ふるさと納税額-2000円)×(100%-10%(基本分)-所得税率)・・・住民税からの減額

となります。

たとえば、「課税所得が195万円超330万円以下、所得税率10%」の人が5万円のふるさと納税を行ったとすると、控除額は次のようになります。

<ふるさと納税による控除額>
(1)(50000円-2000円)×10%=4800円・・・所得税からの減額
(2)(50000円-2000円)×10%=4800円・・・住民税からの減額
(3)(50000円-2000円)×(100%-10%-10%)=38400円・・・住民税からの減額

(1)+(2)+(3)=48000円

ということで、5万円から2000円を差し引いた4万8000円が、所得税の所得控除の仕組みを通じて、あるいは住民税の税額控除の仕組みを通じて節税につながるのです。

ワンストップ特例を介した場合、所得税からの4800円の減額がなくなる一方、住民税の節税が4800円増えるので節税額48000円というのは変更ありません。

「ふるさと納税以外の所得控除>所得」の場合、節税にならない

2.ふるさと納税分=節税額にはならない?