昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「現憲法は独立を回復するまでの憲法」安倍晋三が祖父・岸信介という“政治家”を語る

「文藝春秋」新年特別号「100年の100人」より

2022/01/01

 戦前は満州国で辣腕を振るい、戦後は首相として日米安保条約改定に尽力した岸信介(1896~1987)。孫である安倍晋三元首相が、祖父としての素顔を語る。

◆◆◆

 祖父が首相のとき、私は2~5歳でした。やはり孫には甘かったですね。私は男3人兄弟で、父・晋太郎の次男ですが、岸家に養子に入った弟の岸信夫(現防衛相)が生まれるまでは、場合によっては、私が養子に入ることもあったかもしれません。それで、しょっちゅう母の実家の岸家に連れて行かれました。

 祖父は家では家族と食事したり、話をするのが好きだった。泊まりに行くと、祖父は私を自分の布団に入れていろんな話をしてくれました。

祖父・岸信介の素顔を語る安倍晋三氏

「外交と安保政策は政治家でなければできない」

 政治家として成し遂げた一番の功績は、何といっても日米安保条約の改定です。吉田茂内閣がサンフランシスコ講和条約と同時に結んだ旧安保条約は、米国の日本に対する防衛義務もなく、両方が合意しなければ廃棄できない。もちろん日米地位協定もない。極めて不公平だと考えたのは、政治家として当然です。

 私の父は岸内閣の首相秘書官のとき、岸に「元経済官僚だから、首相として経済政策に挑戦したら」と言いました。次の池田勇人内閣で本格化する所得倍増政策も事実上、岸政権の下で始まっていましたが、岸は「経済政策は役人でもできるが、外交と安保政策は政治家でなければできない」と判断する。これがその後、日本が繁栄の道を進む上で大きな決断となりました。

 日米は保護国的な同盟関係ではなく、明確に同盟国になった。安保改定にあれだけ大きな反対運動が起きたのは、多くの国民が、ほとんど旧安保条約と新安保条約の比較ができていなかったから、と思います。

日米安保条約の改定を実現し、辞任した岸信介

 安保改定での一番の苦労は、やっぱり自民党内の取りまとめですね。池田派や大野伴睦元副総裁の大野派、河野一郎元副総理の河野派などの動きがあり、その中で、祖父は党内で協力を取り付けるため、後継問題で順番に密約を結びます。

 後に私が社会人になり、祖父とその長男の伯父・岸信和と3人で夕食後、雑談したとき、伯父が「密約って、本当?」と尋ねたことがあります。祖父はうなずきました。「実現するつもりはあったの」と重ねて聞いたら、祖父は「難しいと思っていた」と言っていました。

z