昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

source : 提携メディア

genre : ライフ, 医療, ヘルス, ライフスタイル

念のため、私の病院のある20代の女性研修医に、骨盤全脱出についてレクチャーをした際に尋ねてみると「私も尿漏れしています。友人も尿漏れしているので普通だと思っていました」と答えました。

尿漏れは「普通」ではありません。昔は出産を経験した経産婦でも尿漏れは稀でしたが、このやり取りを機に、最近の若い女性の骨盤底筋の衰えを強く憂慮することになりました。

なぜ骨盤底筋の緩み・衰えが若年化しているのか

加齢とともに尿漏れの患者さんが増え、成人女性の約25%、つまり4人に1人は尿漏れの経験者という調査もあります。根本的な原因は、妊娠や出産、加齢、肥満、閉経による女性ホルモンの低下で、これらによって骨盤底筋の筋力低下が進みます。

しかし、なぜ出産を経験していない若い女性にも骨盤底筋の緩み・衰えがみられるのでしょうか。私は、その原因は「痩せすぎ体型」にあるのだと考えています。今、若い女性はこぞって痩せていますが、痩せすぎるものも考え物です。

痩せること、体重を減らすことを重視するあまりに筋肉をつけず、脂肪だけが身体についた状態になっている恐れがあります。俗にいう「痩せデブ」の状態は「骨盤臓器脱」予備軍ともいえます。

これは近年の偏った美意識が原因だと考えています。スリムなテレビアイドルに憧れて「痩せよう」という風潮が若い女性たちに浸透しているのではないでしょうか。周囲も「痩せていてかわいい」と褒めますから深層心理に刷り込まれてしまっているように思えます。

勘違いしないでいただきたいのは、アイドルたちはステージで3時間、4時間飛び跳ねて歌って踊っていますし、そのために日頃から筋力トレーニングをしています。運動量が多く、よく食べていますから、痩せていても筋肉がついています。

にもかかわらず、体型だけを真似るのは誤りです。自身の身体にとっても怖いことです。心当たりのあるやせ型の人は、よく食べて運動して筋肉をつけることを、今すぐ「待ったなし」でお勧めします。