昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「痩せた!痩せた!」仲良しの同級生から褒められた愛子さまは頑なに食べることを拒まれ…〈夕食を減らし炭水化物抜きダイエットを〉

#2

2021/12/27

source : 文藝春秋 2017年1月号

genre : ニュース, 皇室

 12月1日、天皇皇后両陛下の長女・愛子さまがご成年の日を迎えられました。これまでのお歩みを振り返り、ジャーナリスト・友納尚子氏の「愛子さま長期欠席とダイエットの真相」(「文藝春秋」2017年1月号)を特別に全文公開します。(全2回の2回目/前編から続く)

11月22日、皇居内の宮内庁三の丸尚蔵館で更級日記をご覧になる愛子さま 宮内庁提供

(※年齢、日付、呼称などは掲載当時のまま)

◆ ◆ ◆

周囲の期待に応えたい

 このように、16年の夏休みは、愛子さまにとって、これまでで最も忙しい夏休みだったと言える。そんな中でも、お出かけ先ではしっかりと召し上がられ、山登りをする体力もあった。

2016年8月11日、上高地を散策されるご一家 ©時事通信社

 東京に戻られてからも、東宮御所に来客が多くあり、愛子さまもご挨拶に出られることが多かった。その度に、お出掛けになられた時の映像が話題になったという。

「最近は大人っぽくなられて、とても美しくなられた」

「少しほっそりとされたので、ワンピース姿が、お似合いになる」

2016年7月、近鉄橿原神宮前駅での愛子さま。夏休みに合わせてご一家で神武天皇陵を参拝された ©JMPA

 愛する子どもが褒められて、嫌な気分になる親などいない。両殿下は目を細めて笑顔で応えていたという。愛子さまも恥じらうような素振りをされていたというが、そんな褒め言葉に喜ぶ両殿下の姿を嬉しく感じていたことは、想像に難くない。

炭水化物を抜くダイエットを始められた

 新学期が始まると、愛子さまは夏休みにお出かけになった話で、同級生たちと盛り上がったという。なかでも話題の中心は、「水を考えるつどい」にご出席された時の、水色のワンピース姿についてだった。

2016年8月、「水を考えるつどい」に出席されるご一家 ©時事通信社

「あの時の写真は細く見えて、とても素敵だった」

「すごくお似合いの洋服だった」

「痩せた! 痩せた!」

 心を許している仲の良い同級生たちの言葉だけに、愛子さまは嬉しく思われ、と同時に、「痩せる」ということが、両親だけでなく、こんなにも周囲を喜ばせることにつながるのだ、と思われたのかもしれない。

 以来、愛子さまは炭水化物を抜くダイエットを始められたという。魚や肉などのおかずは召し上がるものの、白米やパンなど主食をほとんど口にしなくなった。朝食で、ヨーグルトやジュースと一緒に、パンを一口ほど食べるだけだったという。

関連記事