昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「箱根駅伝」本選出場をかけたラストチャンス…元強豪校のエースを襲った試練《池井戸潤、新連載》

池井戸潤「俺たちの箱根駅伝」#1

2021/12/29

「半沢直樹」「下町ロケット」シリーズをはじめ、ベストセラー小説を書き続ける作家の池井戸潤さん。『陸王』『ノーサイド・ゲーム』『ルーズヴェルト・ゲーム』といったスポーツがテーマの作品も手掛けていますが、現在「週刊文春」で連載するのは、「俺たちの箱根駅伝」です。タイトルにもあるように、本連載の舞台は「東京箱根間往復大学駅伝競走」(以下、「箱根駅伝」)。1月2日と3日の2日間にわたって開催される、日本の正月の風物詩です。

 第1話は、本選の出場切符をかけた10月の予選会の場面から始まります。主人公の所属する明誠学院大学は、かつては箱根駅伝連覇も成し遂げたほどの伝統校でしたが、ここ2年は出場すら叶わず。まずは予選会の突破を目指すのだが――。きたる箱根駅伝本番に向けて、「俺たちの箱根駅伝」を一部抜粋して期間限定で公開します。

◆◆◆

 第1章 予選会

【1】

 レースは山場に差し掛かろうとしていた。

 序盤から仕掛け、トップ集団を形成していた外国人留学生選手たちの後ろ姿はとうに見えない。

 瑠璃紺(るりこん)に大学名を白く染め抜いたユニフォームに同色のランニングパンツ。明誠(めいせい)学院大学伝統のユニフォームに身を包んだ青葉隼斗(あおばはやと)の位置は、主に日本人トップランナーたちで構成される第2集団の中央付近だ。隼斗の右手、やや後方につけているのはチームメイトの前島友太(まえじまゆうた)。1年のとき本選に出場した友太は、チーム唯一の箱根経験者でもある。

 箱根駅伝への出場をかけた予選会であった。参加しているのは46校、出走するランナーは総勢500人を超える。

©加藤木麻莉

 明誠学院大学陸上競技部は、かつて箱根駅伝を連覇したこともある強豪だ。

 しかし、それも今は昔。隼斗が入学した年こそ箱根駅伝出場を果たしたものの、結果は17位。

 箱根駅伝では10位までがシード権を獲得し、予選なしで翌年の出場が決まる。だが、それを逃したチームは、厳しい予選会を勝ち抜かなければならない。

 その予選会で、明誠学院は15位と惨敗した。

 経験豊富で速かった4年生ランナーがごっそりと抜け、代わりの選手が育っていなかったことが敗退の理由だ。成長著しく、予選会出場も確実と目されていた隼斗は、レース直前の故障でエントリーすらできず、仲間たちを応援する側に回るしかなかった。

 翌年。ようやく怪我が癒えたかと思った矢先、練習のクロスカントリーで転倒して捻挫、またもや予選会のメンバーから洩れる。ふがいなかった。チームも13位敗退。「古豪」と呼ばれるのも寂しい実績に甘んじたのである。