昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「お父さんの仕事は人殺しなの?」死刑に直面する人の悩みを放置したままでいいのか

source : 提携メディア

genre : ニュース, 社会, 人生相談

政府の世論調査によると、国民の8割は死刑制度に賛成している。しかしその実態はあまり知られていない。死刑囚はいつ殺されるのか。だれがどうやって殺すのか。『ルポ 死刑 法務省がひた隠す極刑のリアル』(幻冬舎新書)を書いた共同通信社編集委員の佐藤大介さんに聞いた――。

写真=AFP/時事通信フォト 東京拘置所のエントランス(2019年6月10日)。この施設は、窓に鉄格子がなく、光沢のある床と最新の医療機器を備えている。被告人を無期限に拘束して自白を促す「人質司法」の道具だとする批判に反論するため、この日、ジャーナリストにすべてが公開された。 - 写真=AFP/時事通信フォト

授業中に死刑について語った教師の言葉

——死刑について一冊の書籍をまとめるにいたった経緯を教えてください。

私が子どもだった1980年代は免田(めんだ)事件や財田川(さいたがわ)事件など、過去の事件の冤罪が次々と発覚し、メディアで死刑についてさかんに論じられた時期でした。そうした影響で、死刑や冤罪について書かれた本を手に取るようになったんです。

あと大きかったのは、中学時代の社会科の授業です。かつて検察庁につとめていた教頭先生が社会科を受け持っていました。ある日、先生が死刑について口にしたのです。

「悪いことをした人は死刑になる。それは仕方のないことかもしれない。でも死刑ってとても残酷なものでもあるんだ。さっきまで話をしていた人がほんの少し時間がたったら手足を縛られて目隠しをされ、首を吊されて、鼻や口からは鼻水や血が出ている。検察や拘置所の刑務官でも、死刑はいやだって言う人がいたほどだよ」

あの言葉はいまも鮮明に記憶に残っています。

私が記者になった1995年に、オウム真理教による地下鉄サリン事件が起こりました。新人だった私も麻原元死刑囚らオウム真理教幹部の裁判取材を手伝いました。オウムの死刑囚には、私とさほど年が変わらない人もいた。目の前にいる死刑囚と自分との違いはなんだろう……。傍聴席に座りながらそんなことを考えたのを覚えています。

死刑についての議論を妨げる法務省の「密行主義」

これも新人時代ですが、松本サリン事件で濡れ衣を着せられた河野義行さんに取材をしたことがあります。

松本サリン事件もオウム真理教が引き起こしたのですが、当初警察のリークを受けたメディアが河野さんを犯人扱いした。そんな体験をしたにもかかわらず河野さんは「麻原さんが犯人と決まったわけじゃないでしょう」と麻原元死刑囚に敬称をつけて話すんです。