昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「病院の火災原因のトップは放火」凶悪事件が続発する医療現場の本音と悲鳴

source : 提携メディア

genre : ニュース, 社会, 医療

12月17日、大阪の心療内科クリニックで起きた放火事件で24人が亡くなった。翌18日には歌手・俳優の神田沙也加さんが札幌市のホテルから転落死した。麻酔科医の筒井冨美氏は「悩みや心の病を抱える人のために心療内科や産業医など医療体制の拡充が必要だ。また、病院の火災原因の1位は放火で、その他の患者らが起こす事件も少なくなく、対策が急務だ」と指摘する――。

年の瀬が迫る2021年12月17日、大阪府で痛ましい事件が発生した。大阪駅近くの雑居ビル4階にある「働く人の西梅田こころとからだのクリニック」が放火され、院長を含む24人が死亡した。容疑者は同クリニックに通院する60代の男性であり、自身も重いやけどを負って救急搬送、と報道されている。

罪のない病院スタッフや患者が犠牲となり、2019年に発生した36人が亡くなった京都アニメーション放火事件を連想させる、やり切れない事件となってしまった。

病院の火災原因トップは「放火」だった

「病院における火災原因のトップは放火」というショッキングな調査報告もある。2018年に、全国約2500病院が加盟する日本病院会が会員病院の火災102件を集計したところ、出火原因では放火が33件で最も多く、病室やトイレにライターで火を付ける事例が目立った。次いで、「たばこ」「調理機器」が各14件であった。

2014年には、「東京都内の大学病院で、元入院患者が5フロアに合計15本のガソリン瓶を投げて放火」いう事件も発生している。けが人が発生しなかったせいか、あまり大きなニュースにはならなかった。

「精神科医にも拳銃を持たせてくれ」発言も

病院では放火以外の凶悪事件も、しばしば発生している。

2013年には北海道で、精神科医師が患者に刺殺されている。2014年には、千葉県と北海道で診察中の医師が刃物で襲撃される事件が発生し、愛知県では医師を殺害する目的でナイフを所持して病院に侵入した男が逮捕された。2018年には名古屋市の大学病院で外科医が患者に首を刺されている。「病院で長時間待たされていた」との報道もあったが、「大学病院で長時間待たされた」ことを理由に院内で刃物を振り回されてはたまったものではない。

関連記事