昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

source : 提携メディア

genre : ライフ, ライフスタイル, ヘルス

出来事に影響されることももちろんあります。かわいがっていたペットが死んだら悲しくなりますし、大好きな人、例えばおじいちゃんに会えたらうれしくなります。それは「性格」とは別の「感情」です。だからグランピーがごきげんな時もあるし、ハッピーが泣くこともあるのです。

脳がくれる「ごほうび」

では悲しい時や幸せな時、私たちの脳の中では何が起きているのでしょうか。それが分かれば、自分で自分を少し幸せにすることが出来るかもしれません。

脳には「ごほうび」をくれるシステム(仕組み)があります。細胞と細胞の間でシグナルを送るための化学物質が何種類かあり、そのひとつが「ドーパミン」です。他にも「セロトニン」や「ノルアドレナリン」「エンドルフィン」などの化学物質がありますが、複雑になり過ぎないように、今は「ドーパミン」の話だけにしておきます。

ドーパミンの仕事のひとつに、「何に注目し、集中すればいいのかを教えてくれる」というものがあります。好きなことをすると、例えばおいしい物を食べたり、友達と会ったりすると、ドーパミンの量が増えて幸せな気分になり、満足を感じます。つまり自分にとって良いことをすると、脳が「ごほうび」をくれるのです。

人間は食べなければ死んでしまいます。だから脳は、私たちが何かを食べる度にごほうび、つまりドーパミンを出してくれます。他の例もあげておくと、人類の歴史において、他の人たちと仲良く出来るかどうかは、生死を分けるような大切なことでした。だから人と仲良くしている時もドーパミンが出ます。私たちはドーパミンが大好きでいくらでもほしくなり、そのおかげで自分にとって良いことをしてしまうのです。

「いいね!」もドーパミンのもと

とはいえ、まったく無駄なことをやってしまうこともある……とも思いませんか? 例えば何時間もスマホをいじったりというようなことです。本当は他にやらなければいけないことがいくらでもあるというのに。しかし、これもドーパミンのせいなのです。SNSで「いいね!」がつく度に、小さなドーパミンのごほうびをもらえてしまうからです。