昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「自分がなんで…」 白金高輪“硫酸”事件 顔に残る傷跡 被害者が語る“恐怖”と“謎”

source : 提携メディア

genre : ニュース, 社会

 

2021年8月24日の夜、東京・港区の東京メトロ白金高輪駅で、帰宅途中だった22歳の男性が硫酸をかけられて重傷を負った事件。

被害に遭った男性がFNNの取材に応じ、初めてテレビカメラの前で当時の状況や現在の心境を語ってくれた。

事件が起きた地下鉄・白金高輪駅(8月24日)

エスカレーターを下りるところでいきなり

取材は12月20日、茨城県内の男性の実家で行われた。

事件から4カ月近くが経過していたが、男性の顔は、今も右半分を中心に赤く腫れていて、硫酸がかかったという左手は一部分が黒っぽく変色していた。目には医療用コンタクトを入れているが視力は安定せず、満足に外にも出られないもどかしい日々を送っているという。

FNNでは、12月20日、被害者の男性を取材することができた

事件当時、男性は仕事を終えて帰宅途中だった。白金高輪駅の改札を出てエスカレーターを上がっていたところ、突然何者かに液体をかけられた。

被害者の男性:
その時はイヤホンをして音楽を聴いていて、手元でスマホを見ていました。その時に後ろからドンドンドンドンと人が上ってくる音が聞こえて。自分がもう少しでエスカレーターを下りるというところでいきなりバシャッと…

被害者の男性の体には、未だに、痛々しい傷跡が残されていた。

その後、体の異変に気付いたのは一瞬だったという。

被害者の男性:口の中にちょっと入った時に酸っぱかったので、酸性の液体だなっていうのが瞬間的に分かって。それが分かった後に段々熱くなってきて痛みも出てきて、これは尋常じゃないなと感じました。また、掛けられた時に反射的に目をつぶって、そこがやけどの状態になったので目も開けられなかったです。

視界を奪われた中で必死に周囲に助けを求め、そのまま救急車で病院へ運ばれた。被害に遭った直後から、何か事件に巻き込まれたということは察しがついていたという。直近では、小田急線の車内で男が刃物を振り回し、乗客10人が重軽傷を負う無差別刺傷事件が起きたばかりだった。「駅関係だし無差別なのかな」。

しかし、次の日の夕方、「犯人の可能性がある」と警察官が持ってきた写真に映っていたのは、琉球大学時代の先輩である花森弘卓被告(25)だった。