昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

錦鯉「僕らをいいと捉えないでほしい」M‐1優勝を経て、若い人たちに伝えたいこと

2022/01/16

source : 提携メディア

genre : エンタメ

 

『M-1グランプリ2021』優勝で、日本中に感動を与えた錦鯉の長谷川雅紀と渡辺隆。優勝直前の2021年11月に自叙伝『くすぶり中年の逆襲』(新潮社)を上梓した彼らに、インタビューを実施した。その内容を前後編でお届けする。

【前編】「芸人って名乗ってる以上は、笑わせないと詐欺」錦鯉が語る相方の魅力

後編は、『M-1』優勝後のお金の使い道について。雅紀の憧れのブランド・クロムハーツについて深掘り。舌をふたつに割る“スプリットタン”を勧める渡辺と、それを「おもしろい!」と受け入れる長谷川。

我々は今後、さらにとんでもない錦鯉を見ることができるかもしれない。

テーマは「50歳からの伸びしろ」

──雅紀さんは、お金が入ったらクロムハーツが欲しいそうですね。

雅紀 そうですね、2021年の『M-1』決勝進出記者会見で言いましたね。

──なぜクロムハーツなんでしょうか?

長谷川雅紀(はせがわ・まさのり)1971年7月30日生まれ、北海道出身

雅紀 芸人仲間と、僕がクロムハーツ似合うって話になったんですよ。

──どなたがおっしゃったんですか?

雅紀 アルコ&ピースの平子(祐希)ですね。

──……渡辺さんはどう思いますか?

渡辺隆(わたなべ・たかし)1978年4月15日生まれ、東京都出身

渡辺 いや、いいんじゃないですか(笑)。

雅紀 笑いながら言ってる!

渡辺 買いなよ。ブランド、クロムハーツしか知らなかったんでしょ?

 

雅紀 そうそう、ブランドってクロムハーツ以外に何があるんですか?

──シャネル、ルイ・ヴィトン、クリスチャン・ディオール、グッチとか、たくさんありますよ。

雅紀 へぇ。なんかクロムハーツのイメージしかなくて。すごい高いTシャツとか財布もあるって聞いて、「今流行ってるみたいで」ってオズワルドの伊藤(俊介)くんに言ったら、「今流行ってねえよ、だいぶ前だよ」ってツッコまれたんですけど。

──(笑)。クロムハーツの何が欲しいですか?

雅紀 ネックレスと指輪ですね。

──普段からアクセサリーつけられるんですか?

雅紀 人生でつけたことないですよ。

渡辺 ピアスも開けたほうがいいよ。