昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2022/01/16

source : 提携メディア

genre : エンタメ, 映画, テレビ・ラジオ, 娯楽

King Gnu – 逆夢

エンディングテーマのタイトルが「逆夢」。
映画のクライマックスでの決め台詞は「純愛」。

この簡潔さが『呪術廻戦』の美徳である。

#劇場版呪術廻戦0 大ヒット上映中!

ーーーーーーーーーー

失礼だな 純愛だよ

ーーーーーーーーーー

公開後ポスタービジュアルを解禁!

劇場版公式サイト▼https://t.co/krk0YZhYW6#呪術廻戦 pic.twitter.com/PNFU1liaU9

— 『呪術廻戦』アニメ公式 (@animejujutsu) January 4, 2022

終始、言葉を大切にする世界観による1時間45分だった(だから、おにぎり少年は寡黙なのだ)が、言葉そのものより、人が言葉を口にする前の心持ち、つまり、「言葉の素」を繊細に扱っている作品だと感じた。

そこが、健やか。

たぶん、だから、疲れないのだ。

戦闘も健やか。
銭湯も健やか。

そういえば、おにぎりも、パンダも、白黒なのだなぁと、ぼんやり考えている、今(このふたりが好きなのだ、私は)。

さて、若者たちには、なんと伝えようか。

【関連】予備知識ゼロの『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』レビュー。日本人の本能が『鬼滅』を求めていた

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー
z