昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載完全版ドキュメント・北九州監禁連続殺人事件

2022/01/18

genre : ニュース, 社会

「『子供たちに会いたい』という思いを欠かしたことはなく…」

 長きにわたる最終意見陳述の最後に、松永は子供たちの話を持ち出す。

「私は、平成14年(2002年)3月に逮捕されてから今日まで、子供たちとは会えない日が続いているのですが、『子供たちに会いたい』という思いを欠かしたことは1日もなく、毎晩のように、子供たちのことが夢に出てきます」

 平然とそう口にする松永は、いくつかのエピソードを挙げたあとで、次のように言った。

「私は、子供たちに言いたい。

 お母さんは、『お父さんに言われて人殺しをした』なんて言っているけど、お父さんがそんなことを言うはずがないということは、いちいち説明しなくても分かっているよね。

 そして、そのことは、この松永弁護団が書いてくれた『弁論要旨』という本を読めば、一層よく分かるからね、と。

『いつか会える』『必ず会える』という思いが、私にとって励みと力になり、今日まで頑張って来れたのです」

 空虚とは、まさにこのときのことを表すのだろう。やがて裁判長が結審を告げ、松永と緒方の福岡地裁小倉支部での審理は終了した。

(第89回へ続く)

この記事の写真(5枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー
z