昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

『無敗の男』中村喜四郎が“一敗の男”に…共産党支持者の3割以上が中村氏以外に投票した理由

「文藝春秋」2月号「巻頭随筆」より

2022/01/18

 いまから2年前に『無敗の男 中村喜四郎 全告白』という題名のノンフィクションを上梓した。現在、立憲民主党に属する衆院議員の中村喜四郎氏と1年半にわたって対話を重ね、選挙無敗の秘訣に迫った読み物は予想以上の反響を呼んだ。昨年の衆院選では新聞やテレビが中村氏を追いかけ、「無敗の男」という代名詞も数多く引用された。

2020年の立民入党まで無所属を貫き、14選を果たした

 中村氏は1949年、茨城県猿島郡境町生まれ。日大卒業後に田中角栄事務所に入門した。参院議員だった亡き父の名「喜四郎」を襲名し、76年、衆院旧茨城三区で初当選。自民党竹下派に属し、40歳で初入閣をモノにした。戦後生まれ初の閣僚で、建設族のプリンスとなった中村氏は44歳の時にゼネコン汚職で逮捕され、刑に服した。だが、出所直後の郵政選挙で当選し、政界に復帰。2020年の立民入党まで無所属を貫き、14選を果たした。

中村喜四郎氏 ©共同通信社

 中村氏の選挙戦略は、鍛え抜いた肉体と不屈の精神で臨む徹底した戸別訪問と街頭演説が礎にある。鉄の結束を誇る後援会「喜友会」は神社の氏子衆のように地元に根差している。彼らが集結する会合には、政治が今よりも身近にあり、投票率が7割を超えた時代の“祝祭感”が残る。

 たとえば、中村氏は選挙戦の間、1日12時間もオートバイにまたがり、赤いジャンパー姿で各集落に現れる。正義の味方の顔で正論を吼え、聴衆全員と握手。真っ白な歯を出し、右腕を衝(つ)き上げ、轟音を立てながら走り去る。その姿は劇画の主人公である。