昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

genre : エンタメ, 芸能

 その様子については、2021年11月7日に文春オンラインがすでに報じている(「月でプロポーズしたという伝説を残したい」前澤友作氏が剛力彩芽との破局後に探した恋人の“厳しすぎる基準”《ついに宇宙旅行へ》)。

「前澤さんは剛力彩芽さんとの破局後、以前から語っていた夢の1つである『月でのプロポーズ』に向け、新たな恋人を探していました。その一環で、『アトリエ』と呼ばれる場所に複数の女性を招待して合コンを行なっていた。梅村さんもこの合コンではないですが、同じように知人の紹介で知り合っています」(前澤氏の知人)

1月8日、前澤氏の住むマンションから出てきた梅村 ©文藝春秋 撮影/細尾直人

 前澤氏が恋人に求める条件は少々特殊だった。

「女性に求めたのは『月に行けること』。英語が話せて持病がなく、4カ月以上の訓練をこなせる体力やスケジュールに余裕があることを重要視していました。体重は60キロ以上で、身長も170センチくらいは欲しいとも話していました。ただ参加していた女性たちはみんな細身で綺麗な女性が多く、恋人探しは難航しているようでした」(同前)

 そこで白羽の矢が立ったのが梅村なのだ。梅村のInstagramをみる限りだと、彼女は“肉体派”のようだ。

“月でのプロポーズ計画”は成功なるか?

「梅村さんはパーソナルジムやヨガなどに週1回以上通っています。Instagramからでも分かる通り、彼女の腹筋は綺麗に割れている。体力はある方なのではないでしょうか。モデル経験があるくらいですから洗練されたスタイルですし、私服もお洒落です。宇宙へ行く条件をクリアしているかまではわかりませんが、前澤さんの“好みのタイプ”ではあると思います」(同前)

梅村 (本人のインスタグラムより)

 前澤氏は2023年にも総費用1000億円超とも言われる2度目の宇宙旅行を予定している。そこでは月を周回する計画が進行中だ。梅村は、この月旅行へ同行することになるのだろうか。

「2021年の打ち上げの際、梅村さんはロシアまで前澤さんに同行していたと聞いています。打ち上げ当日にはバイコヌール宇宙基地にも駆け付けたそうです。2023年の月でのプロポーズ計画もありえない話ではないかもしれませんね」(別の前澤氏の知人)

 前澤氏が宇宙に滞在している間会えなかった2人は、久しぶりの逢瀬を楽しんでいるようだ。

1月8日、前澤氏の住む高級マンションへ帰ってきた梅村 ©文藝春秋 撮影/細田忠

 1月8日、前澤氏の自宅へと入っていった梅村がマンションから出てきたのは、翌9日の13時頃。その20分後には前澤氏の送迎車がマンションから出てきた。梅村は同日20時頃にもまた、同じマンションへと入っていった。

 芸能関係者によると、「2人は関係を隠していない」と語る。

「梅村さんと前澤さんは交際していることを特に隠す様子もなく、周囲のスタッフでも知っている人は多いですよ。梅村さんの所属事務所内でもすでに知られていますしね」

 2人の関係についてそれぞれに事実確認を求めたたところ、梅村の所属事務所からは「プライベートは本人に任せています」と回答があった。前澤氏からは期限までに回答はなかった。

その他の写真はこちらよりご覧ください。

この記事の写真(30枚)

+全表示

文藝春秋が提供する有料記事は「Yahoo!ニュース」「週刊文春デジタル」「LINE NEWS」でお読みいただけます。

※アカウントの登録や購入についてのご質問は、各サイトのお問い合わせ窓口にご連絡ください。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー
z