昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

《山形中1女児イジメ自殺》「うれしくてガッツポーズする人もいるかもね」発見された新たな遺書と「自殺について」と題された読書感想文

山形13歳少女イジメ飛び降り事件 #6

genre : ニュース, 社会

 わずか138文字の“遺書”に込められていたのは、13歳の少女の重たい思いだった。

《じつはれんあいだけでなく、友達ともうまくいってなくて、本当にみっともないんですけど、自殺したいって考えてまして、そして、もし本当に私が死んだら、●●(出身小学校)の人だけでもいいので、みんなに、ありがとうっていってください、おねがいします。●●先生も大好きですよ。今まで本っ当にありがとう》

 山形県酒田市立第一中学校1年(当時)の石澤準奈(せつな)さん(13)が陰湿なイジメを受けて自殺してからまもなく1年――。「文春オンライン」の取材で、準奈さんが亡くなる半年前に書き残していた遺書の存在が新たに明らかになった。

亡くなった石澤準奈(せつな)さん

※本記事ではご両親の許可を得た上で、準奈さんの実名と写真を掲載しています。編集部も、準奈さんの死の真相解明の一助になることを願い、可能な限り事実に忠実なかたちで伝えるべきだと考え、実名と写真の掲載を決断しました。

◆◆◆

 2021年の2月12日、石澤準奈さんは多くの生徒たちが登校中の午前7時50分に中学校の校舎4階から飛び降りた。準奈さんは生前に、クラスメイトから「死ね」「キモい」などと書かれた手紙を複数回にわたって下駄箱に入れられるなどのイジメを受けていた。

準奈さんが通っていた山形県酒田市立第一中学校

ノートに挟まっていた1枚の手紙

 冒頭の「遺書」が発見されたのは、突然の自殺から半年が経ったお盆前のことだった。準奈さんの父親はその時の様子をこう振り返る。

「せっちゃんがいなくなってからは仕事も手に着かず、毎日毎日を終えるので精一杯でした。そんな日が半年ほど続いた8月頃、妻が娘の机の周りを整理している時に机の引き出しにあったノートを見つけたんです。ノートには小さな手紙が挟んであり、それが直筆の“遺書”でした。宛先は小5~小6の時の担任だった女性の先生で、日付は2020年7月6日。せっちゃんはその先生を心から信頼して、いろいろ相談していました。私たち親とも連絡を取り合っている方でした。手紙には《●●先生以外みるな。》と書かれていました」

z