昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

85歳までなら持病や入院、手術の経験があっても申し込みできる、画期的な一生涯保険ってどんなもの?

医師による診査や告知書の提出が不要な、みどり生命「メモリアルⅢ」

PR提供: みどり生命

自分の葬儀で家族に迷惑をかけないか不安――こう心配している人は多いのではないか。実は、葬儀費用は保険で備えることができる。みどり生命の終身保険「メモリアルⅢ」なら、無理のない保険料で将来の安心を確保できる。

病歴を問わず申し込みでき手頃な保険料が続く

 葬儀を執り行うのにどの程度お金がかかるのか、具体的に知る機会は少ない。一般財団法人日本消費者協会の調査では、葬儀にかかるお金の全国平均は約200万円以上に上る。

「自分の葬儀のために家族に負担を負わせるのは本意ではない――葬儀のための保険を検討される多くはそうお考えになられています」

 みどり生命の安達倫明社長はこう説明する。

みどり生命
代表取締役社長
安達倫明氏
みどり生命
代表取締役社長
安達倫明氏

「通常、葬儀代金は葬儀の翌日から数日で精算されますが、預金口座は死亡後すぐにお金を引き出せないこともあります。互助会の積み立てによる備えもありますが、それだけでは葬儀費用のすべてをまかなうことはできません」

 そこで役立つのが、保険による準備だ。みどり生命の提供する葬儀のための終身保険「メモリアルⅢ」は、高齢で持病があっても加入できる。

「多くの方がご自身の葬儀を真剣に考え始めるのは、定年退職をされてセカンドライフに目が向くようになってから。しかし60歳を超えると何らかの持病を抱えていることが多く、一般的な終身保険への加入は難しくなっています。必要だと思った時に準備を始められるよう、メモリアルⅢでは85歳までは、病気のある方の申し込みも可能になっています」

 保険料も手頃だ。例えば保険金100万円、20年払込コースを選んだ60歳女性の場合、月払い保険料は4922円で済む。しかも、保険料は払込満了まで一定。解約払戻金があり、保険料が無駄にならないのもうれしいポイントだ。死亡保険金がおりるのは契約日から3年が経過してからだが、その間に病気などで亡くなった場合には支払った保険料相当が死亡給付金として戻ってくる。所定の支払期間を終えれば保障は一生涯続く。早めに入って無理なく、安心が手に入るというわけだ。

せわしない葬儀後の手続き負担を軽減する

 手続きに関しても、契約者が高齢になることを想定した配慮がされている。その一つが「ご家族登録サービス」である。このサービスは、家族の連絡先を事前に登録しておき、契約者本人と連絡がつかない場合などに、家族に確認をしたり、また家族が契約者に代わって契約内容を確認できる制度になっている。

「ご契約者様の多くは60代。保険にご加人された時点ではお元気だったとしても、そこから10年、20年経過すれば高齢になり、病気になって保障内容を説明できない状況もあり得るでしょう。そんな時、お子様たちに私たちから保障内容などをご説明できます」と安達社長は説明する。

 またメモリアルⅢでは、保険金を直接葬儀費用に充当できる「保険金等受取支払指図方式」【図】を導入している。このサービスを使えば、死亡保険金受取人の指示によって、みどり生命が提携する葬儀ホール等に直接保険金を支払い、葬儀費用に充当できる。忙しい葬儀の前後に、支払いの負担を軽減できるのは心強い。提携先はすでに全国の8割近いエリアをカバー しており、今後も提携先を増やしていくという。

支払指図書にてご指定いただいた支払先にお支払い
「保険金等受取支払指図方式」は、ご契約時にお決めいただく必要はなく、保険金等支払事由が発生した際に保険金受取人さまにお決めいただくものです。
支払指図書にてご指定いただいた支払先にお支払い
「保険金等受取支払指図方式」は、ご契約時にお決めいただく必要はなく、保険金等支払事由が発生した際に保険金受取人さまにお決めいただくものです。

堅実な経営で葬儀に寄り添う

 契約者にはうれしいサービスが多いメモリアルⅢだが、「会社としての儲けになりづらいですね」と安達社長は苦笑する。それでもみどり生命がメモリアルを提供するのは、「人生のエンディングをより安心して、充実したものにしてほしい」という創業当初からの理念があるからだ。

 みどり生命は2008年に互助会グルー プ大手が設立した保険会社だ。知名度は高くないが、役職員には大手保険会社の人材が揃い、一流のノウハウを注ぎ込んでいる。経営の健全性を示すソルベンシー・マージン比率は3000%超。一般に200%が健全性を示す碁準と言われ、大手保険会社の場合は1000%程度と考えると、みどり生命の堅実さが際立つ。

「新型コロナウイルス感染症の流行によって一時は近親者のみで葬儀を執り行い、お別れが言えない状況がありました。しかし、故人と最後のお別れをする場はやはりなくてはならないもの。安心して納得のいく葬儀を行っていけるように、寄り添っていきたいと思っています」

お問い合わせ
みどり生命保険株式会社
上野テレフォンセンター
(10:00~17:00 土日祝日年末年始を除く)
0120-566-302