昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載完全版ドキュメント・北九州監禁連続殺人事件

2022/02/15

genre : ニュース, 社会

事実上松永と同居して行くしか考えられない逃亡生活

 また〈松永への従属性について〉として、次のように指摘する。

〈本件一連の事件は、いずれも、第一には松永が発想したものであり、緒方としては、松永との間に子供もいたことから、事実上松永と同居して行くしか考えられない逃亡生活の中で、前記の松永への強い恐れもあって、これに追従したと認められる。(中略)

 

 以上によれば、緒方の各事件への関わり方としては、あくまでも松永に追従的に行ったものと捉えるのが相当である〉

幼稚園勤務時代の緒方純子

 その後、〈緒方には、今後、再犯の危険性が高いとはいえない〉とした判決文は、以下の〈結論〉を下している。

死刑からの減刑

〈本件各犯行は、緒方が、前記のとおり、特異な人格を持つ松永の主導の下、適法行為の期待可能性が相当限定された中で、松永に追従的に本件各犯行に関与したものであること、松永の存在抜きには、緒方が各犯罪を犯すことは考え難く、したがって、再犯の可能性も高くないと言い得ること、緒方は、逮捕後、しばらくは黙秘の態度をとっていたが、その後、自らの罪を清算する旨決意し、本件各犯行につき、自らの記憶の範囲で隠し立てすることなく自白するに至っており、この自白によって本件各犯行、特に犯行の経緯や具体的状況に関する証拠が極めて乏しい事件も含め、緒方一家殺人事件についても積極的に自白し、事案解明に寄与したこと、並びに自白に転じた後における緒方の真摯な反省状況及びその過程において、緒方が人間性を回復している様子がうかがえることその他、緒方のために酌むべき事情を総合考慮すると、緒方の情状は、松永のそれとは格段の差がある上、罪刑の均衡及び一般予防の見地等、客観的な事情を十分考慮しても、なお、極刑をもって臨むことは躊躇せざるを得ない。そこで、緒方に対しては、本件各犯行の罪質、結果及びこれまで検討してきた諸般の情状を総合すると、無期懲役に処し、終生、贖罪の生活を送らせるのが相当である。その限度で、緒方弁護人の論旨は理由がある〉

「無期懲役」との言葉が裁判長の口から出たところで、法廷内は息を呑む気配に包まれ、続いてかすかなざわめきが起きた。緒方自身も戸惑いの表情を浮かべ、松永は顔を紅潮させて怒りに顔を歪めるのが見てとれた。

 最後に裁判長は主文を言い渡す。

〈主文

 

 1 被告人松永太の控訴を棄却する。

 

 2 原判決中被告人緒方純子に関する部分を破棄する。

 被告人緒方純子を無期懲役に処する。

 

 原審における未決勾留日数中360日を、その刑に算入する〉

 かくして緒方は、控訴審で死刑から無期へと減刑されたのである。

この記事の写真(5枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー
z