昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載日の丸女子バレー 東洋の魔女から眞鍋ジャパンまで

《女子バレー日本代表の“覇権争い”》ネットをズタズタに引き裂き、「五輪は終わった」

日の丸女子バレー #21

2022/02/26

 2012年のロンドン五輪で銅メダルに輝いた女子バレーボール日本代表。その監督を務めた眞鍋政義氏(58)が、2016年以来、5年ぶりに日本代表監督に復帰することが決まった。2012年10月22日、眞鍋氏はオンライン会見でこう述べた。

「東京オリンピックで10位という成績にかなりの危機感を抱いている。もし(2024年の)パリ大会に出場できなかったら、バレーボールがマイナーなスポーツになる“緊急事態”であるということで手を挙げさせていただいた」

 女子バレーは2021年の東京五輪で、“初の五輪女性監督”中田久美氏(56)が指揮を執ったが、結果は25年ぶりの予選ラウンド敗退。1勝4敗で全12チーム中、10位に終わった。

 正式種目となった1964年の東京五輪で、記念すべき最初の金メダルに輝き、「東洋の魔女」と呼ばれた日本女子バレー。だが、その道のりは平坦ではなかった。半世紀に及ぶ女子バレーの激闘の歴史を、歴代選手や監督の肉声をもとに描いたスポーツノンフィクション『日の丸女子バレー』(吉井妙子著・2013年刊)を順次公開する。(全44回の21回。肩書、年齢等は発売当時のまま)

◆◆◆

「小島・山田」の二大体制でも勝てなくなった日本

 このまま日本女子バレーはズルズル下降線をたどってしまうのか――。

 ロサンゼルス五輪で銅メダルを獲得したとはいえ、ソ連やキューバ、東欧諸国などのバレー強豪国が参加しない五輪での3位に、日本バレーボール協会も重い腰を上げざるを得なくなった。

 これまでの日本女子バレーは、ユニチカを率いる小島孝治と日立の山田重雄のいわば覇権争いという側面を少なからず持っており、1964年の東京五輪以降、この2人が時の勢いによって代表監督を交代し続けてきた。世界で日本が勝てなくなった以上、小島と山田がそれぞれのバレースタイルにこだわるのではなく、小島と山田の知恵の合体が必要と考えた協会は、小島を全日本監督に、山田を強化委員長兼全日本コーチに据えた。

小島孝治と代表監督を交代し続けてきた山田重雄氏 ©文藝春秋

 だが、もともと考えが異なる2人の指導者の下でコートに立つ選手はたまらない。どちらの指示を仰げばいいのか戸惑うことになり、85年のワールドカップでは4位、86年の世界選手権では7位にまで沈んだ。

 この頃、国際バレーボール連盟に加盟する国は163カ国にもなっていた。バレーボールに親しむ国が増えれば当然のように新しい芽が台頭し、ライバル国が増えることになる。

 事実、小島の守るバレーも山田の攻めるバレーも、強豪国の高さやパワー、スピードには通用しなくなってしまった。

z