昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

出演映画2作目『ブラック・レイン』でハリウッドデビュー…俳優・國村隼が海外の映画監督から次々と指名されるワケ

source : 提携メディア

日中合作映画の『再会の奈良』が2月4日に公開された。テーマは「中国残留孤児」。主人公の元警察官は中国人女性と共に奈良県にいる残留孤児を探すが、その過程で4分間セリフのないシーンが登場する。主演の國村隼さんは「僕ではなく役が勝手にリアクションする。それが大事です」という――。

出演する決め手は「脚本です」

――中国残留孤児という難しいテーマを、ときにユーモアを交えながらその家族と関わる人々の絆を描いた本作『再会の奈良』への出演は、どのような経緯で決まったのでしょうか。

©2020 “再会の奈良” Beijing Hengye Herdsman Pictures Co., Ltd, Nara International Film Festival, Xstream Pictures (Beijing)

【國村】ポンフェイ監督にオファーをいただいて、まず脚本を読みました。読んだ印象は、この脚本を書いたのは、ものすごくクレバーな人だな、と。歴史的な事実としての戦争、結果として中国に残留孤児が残ってしまったこと。それを大上段に構えたのではなく、母親の情愛、周囲の人々の好意という個人的な世界の中で表現している脚本でした。

日中間の大きな重い問題を扱いながら個人レベルの物語に落とし込んで、心情に沁み込んでくるような描き方をしている……。本人にお目にかかってみたら、脚本そのままのやさしい空気感を持った監督でした。それで、一緒にものを作るのは面白そうやな、と思ったんです。

この『再会の奈良』という映画は、ポンフェイという監督の人柄そのものです。

――國村さんは、国内外の多くの映画に出ていらっしゃいますけど、出演する時の決め手は何でしょうか。

脚本です。僕は、脚本は設計図だと思っています。設計図がちゃんとしていないと、クリエイティブな作業をしていっても、いいものにならない。ですから、まず脚本を読ませていただきます。

元警察官・吉澤一雄の役作り

【國村】脚本の中の世界観を感じながら、僕が加わることで、脚本を書いた人、映画にする人たちの思いがどういった形で観客に伝わるかを汲み取りながら読みます。同時に、映画館の客席に座ってこの映画を観るお客さんを、一生懸命イメージします。あとは、自分がやることに面白さを感じるかどうかですね。