昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

source : 提携メディア

と言っても、大曽根少年にとっては「親の仕事」という感覚で、毎日の食卓にのぼるコメは「おいしい」と思っていたものの、特にコメを意識して育ったわけではないという。ただ、家族で外食に行った時に「あれ、コメがおいしくない……」と感じることがたびたびあったそうだ。

小学校から高校まで都内の私立校、暁星に通っていた大曽根は、「ぜんぜん勉強しなかった」こともあり、1浪したものの大学進学を断念。「好きな音楽の仕事がしたいから」と音楽系の専門学校に進んだ。その学校を卒業し、音楽業界への道を模索していた1999年6月、父親が脳梗塞で倒れた。

当時の松栄米穀の仕事は、スーパーへの卸が売り上げの5割を占めていて、あとの2、3割が飲食店などの業務用、残りの1、2割が家庭用。父親が倒れた翌日にはスーパーへの納品があったが、それまで家業に興味がなかった21歳の大曽根は、精米機の動かし方すらわからなかった。

そこで精米機のメーカーに電話をして、操作方法を確認。幸いにも父親が意識を取り戻していたため、店のなかにあるものをすべて写真に撮り、スピード現像して病院に持参し、なにをどうしたらいいのかという指示をメモした後、自宅に戻って仕事を始めた。父親が入院していた1カ月間、この生活が続いた。

「当時は自宅と病院を1日3、4往復しながら、納品してましたね。1カ月で10キロくらい痩せたんですよ。人生で一番働いた1カ月ですよ」

年々減少する店の売り上げ、縮小するコメのマーケット

この出来事がきっかけで、父親が退院した後も家業に専念することになった。子どもの頃から「長男だし、継ぐことになるんだろうな」と思っていたそうで、特に抵抗はなかった。

大曽根の仕事は、コメについて学ぶことから始まった。一昔前に書店で売られていた、職業ごとの「○○になるには」というタイトルの書籍のなかから、米穀店を扱った本を買ってひと通り読み込み、民間資格の「米・食味鑑定士」の資格も取得した。

z